東京五輪の新競技場が屋根なしに【New stadium to remain roofless during Tokyo Olympics】

news-iconこんにちは! やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Bee-Customized-NoShadow-iconNew stadium to remain roofless during Tokyo Olympics

Japan’s sports minister said on Monday that the main stadium for the 2020 Tokyo Olympics should delay its plan to install a retractable roof as the government runs short of money and time.

Step2:重要単語と語句

install(動詞):設置する
retractable(形容詞):開閉式の

Step3:ミニ解説

◆ Japan’s sports minister said on Monday = 日本の文科大臣が月曜日に述べた

「sports minister」は直訳すると「スポーツ担当大臣」ですが、正確には「Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology」すなわち「文部科学大臣」を指しています。

役職の正式名を英語で表記すると長いため、英文記事では省略形を使うのが通常です。教育・文化・スポーツ・科学技術のうち、ここではスポーツに関する業務なので、上記のように略しています。

教育についての業務なら「education minister」と表記します。

◆ the main stadium for the 2020 Tokyo Olympics = 2020年東京五輪のメイン競技場

現在、改築中の新国立競技場を指しています。五輪は英語で「Olympics」または「Olympic Games」と表記し、いずれも複数形となるので注意しましょう。

「2020(2020年の)」は形容詞として「Olympics」を修飾しています。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

New stadium to remain roofless / during Tokyo Olympics

Japan’s sports minister / said on Monday / that the main stadium / for the 2020 Tokyo Olympics / should delay its plan / to install a retractable roof / as the government / runs short of money and time.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

新しい競技場が屋根なしに、/ 東京五輪の間、

日本の文科大臣が / 月曜日に述べた、/ メイン競技場は、/ 2020年東京五輪の、/ その計画を遅らせるべきだと、/ 開閉式屋根を設置する、/ というのも、政府には / 資金と時間が不足している。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

新しい競技場が屋根なしに、
New stadium to remain roofless

東京五輪の間、
during Tokyo Olympics


日本の文科大臣が
Japan’s sports minister

月曜日に述べた、
said on Monday

メイン競技場は、
that the main stadium

2020年東京五輪の、
for the 2020 Tokyo Olympics

その計画を遅らせるべきだと、
should delay its plan

開閉式屋根を設置する、
to install a retractable roof

というのも、政府には
as the government

資金と時間が不足している。
runs short of money and time.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

New stadium to remain roofless during Tokyo Olympics

Japan’s sports minister said on Monday that the main stadium for the 2020 Tokyo Olympics should delay its plan to install a retractable roof as the government runs short of money and time.

参考記事:産経ニュース

新国立競技場の屋根先送り、文科相「東京五輪に支障ない」

下村博文文部科学相は19日の記者会見で、新国立競技場(東京都新宿区)の開閉式屋根の設置を2020年東京五輪・パラリンピック後に先送りする方針に関し

「(屋根設置は)コンサートなどに競技場を有効活用するためであり、五輪や19年のラグビー・ワールドカップ開催に支障はない」との認識を示した。

フィールド部分を覆う開閉式屋根を当初の計画通りに設置した場合には、工事が数カ月遅れると建設業者から指摘されたと説明。

「19年の完成を厳守するための判断だ」と強調した。

編集後記

今回の文科大臣の発表、私はなんだかショックでした。「屋根がなくても五輪競技に支障はない」とか、そういう問題じゃないのでは?!

あの開閉式のカッコいい屋根、五輪招致の最終プレゼンでも誇らしげに喧伝してませんでしたっけ?

競技場の設計プランも含めて東京が高く評価されたというのに、いざ選ばれてから「いや、あれは無理なんで変更します」っていうのは後だしジャンケンっぽい・・・。

確か、競技場の規模も当初の予定より縮小されるんですよね。

最近、各国の五輪・W杯開催地で施設の準備が間に合わない事態が目立っていますが、まあ日本に限ってそこは大丈夫だろうと安心していました。

五輪招致を最優先して大風呂敷を広げたとしたら、そこは大いなる反省点ですね。

自分がもしマドリードやイスタンブールの招致関係者だったら、「お宅、なんかズルくね?」とひと言文句を言いたくなるかも^^;

今後、五輪開催までの数年間にまたいろいろ出てきそうでちょっと心配です。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら