「やさしい英語ニュース」を題材にした通訳式トレーニング法を伝授します。毎日継続すると、リスニング力とリーディング力の両方が大幅にアップしますよ。

ディクテーション

聞き取った英文を正確に書き写していく練習法が「ディクテーション(dictation)」です。通訳式というよりも一般的な英語学習法ですね。手を動かして英文を書くことで、「どの程度正確に聞き取れているのか」を自分で把握でき、また英文を記憶しやすくなってライティング力のアップに役立ちます。

詳しくはこちら

スラッシュ・リーディング

長い英文を一度に理解しようとすると、まず、文末まで一度読んでから日本語の順序にしたがって「返り読み(後ろから前に戻って読むこと)」をしてしまいがちです。これでは英文を読むスピードが遅くなってしまいます。そこで、「スラッシュ・リーディング(slash reading)」の登場です。これは英文を読み進んでいくとき、前から意味のかたまりごとに区切って順に理解していく手法です。

詳しくはこちら

サイト・トランスレーション

通訳者がよく用いる訓練のひとつに「サイト・トランスレーション(sight translation)」があります。これは、先にご紹介した「スラッシュ・リーディング」の応用です。つまり、英文の意味の区切りごとにスラッシュ「/」を入れたら、今度は英語の語順のまま頭から訳していくのです。

詳しくはこちら

スラッシュ・リスニング

英文テキストを意味のまとまりで区切ってスラッシュ「/」を入れ、その部分ごとにネイティブ音声を聞く訓練法を「スラッシュ・リスニング」といいます。さらに、ここでは聞いた後にリピートする練習までを1セットとしてご紹介します。

詳しくはこちら

リプロダクション

英文テキストを見ない状態で、聞こえてきた英語音声を記憶してそのまま再現する訓練法を「リプロダクション(reproduction)」といいます。ある程度まとまったフレーズやセンテンスの単位になると覚えるのが大変ですが、細部まで注意して聞き取る習慣が身につきます。無理のないよう、最初は単語や短いフレーズ単位で区切り、徐々に範囲を長くしていく方法がお勧めです。

詳しくはこちら

スラッシュ通訳

「スラッシュ通訳」というのは私の造語です。いわば、スラッシュ・リスニングとサイト・トランスレーションの応用訓練です。日本語(または英語)の音声を意味のまとまりごとに区切って聞き、ポーズの間に英語(または日本語)に訳す練習です。

詳しくはこちら

オーバーラッピング

英文テキストを見ながらネイティブ音声を聞き、その音声に自分の声をそっくり重ねて音読する訓練法を「オーバーラッピング(overlapping)」といいます。この訓練法は「シンクロ・リーディング(synchronized reading)」または「パラレル・リーディング(parallel reading)」と呼ばれることもあります。

詳しくはこちら

シャドーイング

聞き取った英語のすぐ後で、影 (shadow) のように少しずつ遅れて音読する練習を「シャドーイング(shadowing)」といいます。文字に頼らず耳を鍛えるため、通常はテキストを見ないで行ないます。

詳しくはこちら

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら