駐日米国大使が着任【ディクテーション#53】

英語ニュースの穴埋めディクテーション・クイズ

「通訳式やさしい英語ニュース」のディクテーション・クイズに挑戦して、リスニング力を客観的に測定しましょう!

次の英文の音声を耳で聞こえた通りに書き取り、答案を自己採点してください。

メルマガから答案を提出くださった方は、下記の解説動画をごらんください↓↓↓

New US ambassador to Japan fills long-vacant post

Rahm Emanuel, (     ), Obama White House Chief of Staff, and Chicago mayor, (     ). The post has been unoccupied for over two years. (     ), Emanuel seems to be an appropriate choice (     ) amid China’s growing presence in the Asia-Pacific region.

解答スクリプト

New US ambassador to Japan fills long-vacant post

Rahm Emanuel, (whose former positions include US Congressman), Obama White House Chief of Staff, and Chicago mayor, (made his first visit to Japan as US ambassador). The post has been unoccupied for over two years. (Known for his aggressive demeanor), Emanuel seems to be an appropriate choice (as the US and Japan strengthen military and other ties) amid China’s growing presence in the Asia-Pacific region.

答案採点のチェックポイント

ディクテーション答案を採点し、間違いがあれば原因を分析しましょう。

1.単語や表現を知らなかった。▶ 新たな単語と表現を覚え、語彙を増やす

2.文法と英文構造を理解できなかった。▶ 文法を復習し、英文読解力を養う

3.読めば理解できる英文を聴き取れなかった。⇒ 発音分析で強弱リズムやルールを確認する

ディクテーション答案の添削

設問1)の解答と答案添削

答案事例

答案の正解)whose former positions include US Congressman

不正解事例)whose former position include US congressmen

▶ 語尾の発音:position ⇒ positions
▶ 文法:congressmen(複数)⇒ Congressman(単数)

設問2)の解答と答案添削

答案事例

答案の正解)made his first visit to Japan as US ambassador

不正解事例)made his first visit to Japan as a US ambassador

▶ シラブル数:as =1個 as a=2個
▶ 文法:役職名に冠詞を付けない用法

設問3)の解答と答案添削

答案事例

答案の正解)Known for his aggressive demeanor

不正解事例)Known for his aggressive denina

▶語彙力:deninademeanor(態度)

設問4)の解答と答案添削

答案事例

答案の正解)as the US and Japan strengthen military and other ties

不正解事例)as the US an Japan strengthen military and other ties

▶ 語尾の飲み込む子音・文法:an ⇒ and

英語ニュースのディクテーション・クイズ:解説動画

英語ニュースの音声付き版動画


今回の答案の集計結果

❏ 提出者:34名

❏ 最優秀者:11名

❏ 優秀者:10名

最優秀賞、優秀賞の皆さま、おめでとうございます!今回も多数のご提出ありがとうございました。

答案の分析が済んだら、ネイティブ音声を完全にコピーするつもりで音読を反復してくださいね。

得点そのものよりも、どこを間違えたのかを冷静に分析して弱点を補強するのが大事です。

今回の結果を、次回のディクテーション課題にぜひ生かしてください。

英語は科学であり、音楽である」というのが私の考えです。

“通じる発音と聴き取れる耳” – この2つを手に入れるために、トレーニングを一緒に続けていきましょう!

ニュース英語を『聴けて話せる』動画付メルマガ 【登録無料】

>> 詳細はこちら