プーチンがウクライナ侵攻を弁明【Putin gives muddled reasons for Ukraine invasion】

英語ニュースの記事と動画で通訳式トレーニング!

Step1:穴埋めディクテーション

【説明を表示】

Putin gives muddled reasons for Ukraine invasion

Russian President Vladimir Putin gave a speech after (   ) of neighboring Ukraine, (   ). He made (   ) and removal of Nazis from the country, and spoke of Russia and Ukraine as being “one nation.” (   ) preventing Ukraine from joining NATO, which Putin views as an existential threat.

解答を確認

Putin gives muddled reasons for Ukraine invasion

Russian President Vladimir Putin gave a speech after (Russian troops advanced toward the capital) of neighboring Ukraine, (citing several reasons that made little sense). He made (puzzling references to prevention of genocide) and removal of Nazis from the country, and spoke of Russia and Ukraine as being “one nation.” (Another major goal seems to be) preventing Ukraine from joining NATO, which Putin views as an existential threat.

Step2:重要単語と語句

muddled(形)混乱した、曖昧な

advance(動)前進する

cite(動)引き合いに出す、言及する

genocide(名)大量虐殺、民族虐殺

NATO(名)北大西洋条約機構

existential(形)存亡にかかわる

Step3:ミニ解説

◆ Putin gives muddled reasons for Ukraine invasion プーチン氏が、ウクライナ侵攻について不可解な弁明

英文記事のタイトルでは、直近の過去の出来事を現在形で示し、冠詞やBe動詞を省略する傾向があります。

通常の英文に直すと、以下のようになります。(  )が変更・補足した箇所です。

Putin (gave) muddled reasons for (the) Ukraine invasion.

「muddled」は、「混乱した、曖昧な、不明確な」という意味の形容詞です。

◆ after Russian troops advanced toward the capital of neighboring Ukraine, ロシア軍が、隣国ウクライナの首都に向かって進軍した後、

「advanced toward(~に向かって前進した)」は、主語「Russian troops(ロシア軍)」に合わせて「進軍した」と訳しています。

「neighboring」は、「(形)隣接する」という意味の形容詞です。ここでは「隣国(の)」と記事にふさわしい表現にしています。

◆ citing several reasons that made little sense.  ほとんど意味不明ないくつかの理由を挙げて。

「make sense(意味をなす、筋が通っている)」に「little(ほとんどない)」がついて、「ほとんど意味をなさない」という訳になります。

タイトル部分「muddled reasons(不可解な弁明)」の言い換え箇所です。

◆ He made puzzling references  彼が言及した不可解な理由とは、

「make reference to」は「~に言及する、~を引き合いに出す」という意味です。

◆ to prevention of genocide and removal of Nazis from the country, 民族虐殺の防止と、ナチスのウクライナからの排除であり、

プーチン大統領は演説で、「自分の目的は、威圧され、民族虐殺に遭っている人々を守るため」と述べています。

が、実際には、ウクライナで民族虐殺は起きていません。

さらに、彼は、ウクライナのゼレンスキー政権をナチスになぞらえ、「自分の目的はウクライナの ”非ナチス化” の実現だ」とも述べました。

しかし、ウクライナのゼレンスキー大統領はユダヤ系であり、この主張に反発しています。

「the country(その国)」はウクライナを指しています。

◆ and spoke of Russia and Ukraine as being “one nation.” また、ロシアとウクライナが「ひとつの国家」であるとも述べた。

「“one nation”」に引用符(“ ”)がついているのは、「ひとつの国家」がプーチン大統領の発言の引用であり、事実とは異なることを示すためです。

◆ Another major goal seems to be preventing Ukraine from joining NATO, もうひとつの大きな目的は、ウクライナのNATO加盟を防ぐことだとみられる、

NATO: North Atlantic Treaty Organization(北大西洋条約機構)

世界の主要国際機関の一つで、欧州および北米の30ヵ国が加盟する政治的・軍事的同盟です。

(NATOホームページ「NATOとは何か」より)

欧米主要国で構成されるNATOにウクライナが加盟すると、ロシアのすぐ身近にまでNATOが迫ってくることになります。

このため、プーチン大統領は、以前からこの動きに反発してきました。

◆ which Putin views as an existential threat. プーチンが、存亡にかかわる脅威とみなしている。

この部分は、先行詞「NATO」に追加的な説明をする関係代名詞「which」の非制限用法です。

演説の中でプーチン大統領は、「NATOが ”我々の民族としての歴史的未来” を脅かしている」と非難しました。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Putin gives muddled reasons for Ukraine invasion

Russian President Vladimir Putin gave a speech / after Russian troops advanced toward the capital of neighboring Ukraine, / citing several reasons that made little sense. / He made puzzling references / to prevention of genocide and removal of Nazis from the country, / and spoke of Russia and Ukraine as being “one nation.” / Another major goal seems to be preventing Ukraine from joining NATO, / which Putin views as an existential threat.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

プーチン氏が、ウクライナ侵攻について不可解な弁明

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が演説をした、/ ロシア軍が、隣国ウクライナの首都に向かって進軍した後、/ ほとんど意味不明ないくつかの理由を挙げて。/ 彼が言及した不可解な理由とは、/ 民族虐殺の防止と、ナチスのウクライナからの排除であり、/ また、ロシアとウクライナが「ひとつの国家」であるとも述べた。 / もうひとつの大きな目的は、ウクライナのNATO加盟を防ぐことだとみられる、/ プーチン氏が、存亡にかかわる脅威とみなしている。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

プーチン氏が、ウクライナ侵攻について不可解な弁明
Putin gives muddled reasons for Ukraine invasion


ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が演説をした、
Russian President Vladimir Putin gave a speech

ロシア軍が、隣国ウクライナの首都に向かって進軍した後、
after Russian troops advanced toward the capital of neighboring Ukraine,

ほとんど意味不明ないくつかの理由を挙げて。
citing several reasons that made little sense.

彼が言及した不可解な理由とは、
He made puzzling references

民族虐殺の防止と、ナチスのウクライナからの排除であり、
to prevention of genocide and removal of Nazis from the country,

また、ロシアとウクライナが「ひとつの国家」であるとも述べた。
and spoke of Russia and Ukraine as being “one nation.”

もうひとつの大きな目的は、ウクライナのNATO加盟を防ぐことだとみられる、
Another major goal seems to be preventing Ukraine from joining NATO,

プーチン氏が、存亡にかかわる脅威とみなしている。
which Putin views as an existential threat.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Putin gives muddled reasons for Ukraine invasion

Russian President Vladimir Putin gave a speech after Russian troops advanced toward the capital of neighboring Ukraine, citing several reasons that made little sense. He made puzzling references to prevention of genocide and removal of Nazis from the country, and spoke of Russia and Ukraine as being “one nation.” Another major goal seems to be preventing Ukraine from joining NATO, which Putin views as an existential threat.

英文の参考記事

Why is Russia invading Ukraine and what does Putin want? : BBC News

日本語の参考記事

【解説】 プーチン氏はなぜウクライナに侵攻したのか、何を求めているのか : BBC News Japan

編集後記

英語ニュースを正しく聞き取るには、「語彙・文法読解力・リスニング力」が必要ですが、「背景知識」もあったほうが、グンと理解が深まります。

公式サイトの学習コラムで取り上げている「ウクライナ危機」シリーズ、興味と英語レベルに合わせて、ぜひご一読ください。

1)ロシアはなぜ、ウクライナに侵攻したのか(中上級者用)

ロシアはなぜ、ウクライナに侵攻したのか

2)ウクライナ原発がロシアの攻撃で火災(中級者用)

ウクライナ原発がロシアの攻撃で火災

3)ロシアのウクライナ侵攻:固有名詞の発音(初級者用)

ロシアのウクライナ侵攻:固有名詞の発音

4)中学英語で読む「ウクライナ情勢」(初中級者用)

中学英語で読む「ウクライナ情勢」

まだまだ解決の糸口の見えない「ウクライナ情勢」、来週の「通訳式英語ニュース」では、少し視点を変えて切り込んでいきます。

今週末の学習コラムで、英文記事のネタ元をお知らせしますね。次回のディクテーションの予習を兼ねてご活用ください。

Topicに関する感想・意見のコメントを募集中!

このTopicについて、あなたの感想や意見をコメント欄にぜひ投稿してください。英文でも日本語でもOKです。

※英文のみはスパム判定される場合があるため、日本語のメッセージを簡単に添えていただけると助かります。

参考事例)今週の時事Topicについての感想・意見

ご参考までに、今週の時事Topicについての感想・意見の例を1つ挙げておきます。

例)Opinion / Impression

This conflict is likely to be the biggest war in the European region since World War II, and it is extremely worrying. Because of Russia’s military power, there may be little other countries can do to stop it, but democratic countries should take every possible step such as economic sanctions, diplomatic boycotts, and freezing of overseas assets.

※この記事がお役に立ちましたら、ぜひSNSでシェアをお願いします。

※スパム防止のため、コメントは承認制となります。順次公開しますので、しばらくお待ちください。

Follow me!

ニュース英語を『聴けて話せる』動画付メルマガ 【登録無料】

>> 詳細はこちら

4 thoughts on “プーチンがウクライナ侵攻を弁明【Putin gives muddled reasons for Ukraine invasion】

  1. Yolanda より:

    Prime Minister Kishida announced that Japan will accept refugees from Ukraine, keeping steps with other nations. It was surprising for me because Japanese government had been reluctant to do it. Actually, Japan accepted only a few Syrian refugees. I hope it will be a turning point of the policy toward refugees.

    岸田首相が早速ウクライナからの難民受け入れを表明したのに驚いた。今まで日本は、難民申請してもほとんどが認められない国だった。これが政策のターニングポイントになるのでしょうか?

  2. Yulka より:

    I pray for peace in Ukraine. However, on the other hand we are having concerts with a Russian conductor this week . We are just musicians. Of course, we never feel Putin’s spirit from his conduct. There is only our great sound and music. We are confused, but we are thinking about what is a country? what is a human being? what is music? every day.

    早い収束を祈るしかありません。寄付をするにもどこへ寄付するのが良いのかさえ考えさせられます。コロナウイルスの影響により2年半ぶりの音楽家の来日を、私たちは心待ちにしていました。複雑な毎日ですが、素晴らしい音楽だけが心の拠りどころです。

  3. Misha より:

    When I read about the Ukraine Crisis, I remembered one of Aesop’s Fables, “The Wolf and the Lamb.” It says, “The tyrant will always find a pretext for his tyranny, and it is useless for the innocent to try by reasoning to get justice when the oppressor intends to be unjust.” I hope that is not true, and justice will prevail in the end. But, unfortunately, what’s happening to Ukraine can happen to any country. So the world must work together to stop the Russian tyrant now, no matter what!

    エラそうなことを書きましたが、自分に何ができるのだろうと考える時無力さを思い知らされます。ヨーロッパに住む友人は、空いている部屋があるので逃げてきたウクライナ人に住んでもらおうと考えていると言っていましたが、離れた土地にいる者にできることはやはり寄付ぐらいでしょうか…

  4. June より:

    What on earth is man doing in the midst of the climate change crisis and endangerment of life, on a planet which has been polluted by human civilization? As it is called Putin’s war, it appears to be a personal outburst by Putin after 15 years of pent-up indignation. It’s like the terrible outburst of an old man who has been deluded by power.

    冷戦は過去のものと思っていた自分がいかに平和ぼけであったかを今回思い知らされました。プーチンはNATO東進に対する怒りを15年もため続けていたと言われていますが、権力の座に長く居続けた人間が耄碌した悲劇の歴史を今回も繰り返すのでしょうか。

この投稿はコメントできません。