民主党が総選挙で惨敗を喫す【DPJ suffers crushing defeat in general election】

こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。

では、本日の英語ニュースです。学習メニューを順にこなしていきましょう。

全体リーディング

【説明を表示】

DPJ suffers crushing defeat in general election

The largest opposition Liberal Democratic Party scored a landslide victory in Sunday’s general election, while the ruling Democratic Party of Japan suffered a crushing defeat that reduced its seats to 57 from 230.

重要単語と語句

suffer(動詞):被る

crushing(形容詞):決定的な、痛烈な

defeat(名詞):敗北

landslide(名詞):地滑り、(選挙での)圧勝

ミニ解説

◆ DPJ suffers crushing defeat in general election → 民主党が総選挙で大敗を喫す

DPJは「the Democratic Party of Japan」の頭文字を取った略語です。

動詞「crush」は「押しつぶす、粉砕する」という意味で、「crushing」はこれが現在分詞(または形容詞)になった形です。「crushing defeat」は
叩き潰されて敗北すること、すなわち惨敗という意味になります。

◆ The largest opposition Liberal Democratic Party scored a landslide victory → 最大野党の自由民主党が圧勝した

「the opposition party(野党)→ 文中では自民党」と「the ruling party(与党)→ 文中では民主党」を対にして覚えておきましょう。

「landslide victory」は直訳すると「地滑り的勝利」ですが、「大勝、圧勝」としたほうがわかりやすいですね。

スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

DPJ suffers

crushing defeat

in general election


The largest opposition

Liberal Democratic Party

scored

a landslide victory

in Sunday’s general election,

while

the ruling

Democratic Party of Japan

suffered

a crushing defeat

that reduced its seats

to 57 from 230.

反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

民主党が喫す、
DPJ suffers

惨敗を、
crushing defeat

総選挙で
in general election


最大野党の
The largest opposition

自由民主党が
Liberal Democratic Party

遂げた、
scored

圧勝を、
a landslide victory

日曜日の総選挙で、
in Sunday’s general election,

いっぽう、
while

与党の
the ruling

民主党は
Democratic Party of Japan

喫し、
suffered

惨敗を、
a crushing defeat

議席数を減らした、
that reduced its seats

230から57に。
to 57 from 230.

スピード音読

【説明を表示】

DPJ suffers crushing defeat in general election

The largest opposition Liberal Democratic Party scored a landslide victory in Sunday’s general election, while the ruling Democratic Party of Japan suffered a crushing defeat that reduced its seats to 57 from 230.

参考記事:FNNニュース

衆院選 自民党、公明党とあわせ320を超える議席を獲得し圧勝

第46回衆議院選挙の投開票が行われ、自民党が公明党とあわせて、衆議院の3分の2の320を超える議席を獲得して圧勝し、政権奪還を確実にした。

一方、民主党は惨敗し、野田首相は、代表を辞任する意向を表明した。

今回の衆議院選挙で、自民党は294議席を獲得し、公明党の31議席とあわせて325議席と、参議院で否決された法案の再可決が可能な衆議院の3分の2を上回った。

安倍総裁は、26日に召集される見通しの特別国会で、新しい首相に指名され、公明党との新政権が発足する。

編集後記

総選挙の結果はある程度予想通りだったものの、民主党と自民党の議席数にここまで差がつくとは・・・。

私も国民のひとりとして投票しましたが、前回の政権交代時のような熱い高揚感はありませんでした。

ひとつ強く感じたのは、候補者が当選目当てで政党や政策をころころ変更する様子を国民は注意深く見ているということ。

にわか新党の苦戦がそれを如実に物語っています。

その反面、落選した民主党議員が敗因を尋ねられた際、政権が国民の期待を裏切った事実を素直に認めない往生際の悪さには本当に落胆しました。

そういう態度だからダメだったんだとまず気付くべきでは?

また、日本維新の会の橋本代表代行は首班指名に安倍総裁の名前を挙げて物議をかもしましたね。

結局は石原代表の名前を書くことで党内の意見がまとまったようですが、今後もひとつにまとまっていけるのか疑問です。

ともあれ、まもなく誕生する自民党の安倍政権に日本の再生がかかっています・・・。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら