海外ドラマ中毒になった実体験

「リアルな日常英語の表現を覚えるには、海外ドラマや映画を視聴するのがいい」とよく言われますよね。

特に、リスニング力が中級レベル以上の方には効果的です。

私もその考え方に賛成で、日々実践しています。どちらかというと、映画よりもドラマがお勧めです。

理由は、映画だと1本を視聴するのにたいてい1時間以上かかるためまとまった時間が必要になり、見終わったら、また新しい作品を探さねばならないからです。

その点、テレビドラマは1回が45分~50分ぐらいで完結するため見やすく、1シーズンが第1話から第10話~22話ぐらい芋づる式に続いているので、当分楽しめます。

さらに、人気のあるシリーズはこれが何シーズンも続きます。

どんなジャンルの海外ドラマを見るかは自分しだいですが、日常やビジネスの英会話に生かすには、実用的な表現が多く出てきそうなストーリーが狙い目です。

私自身は、弁護士事務所で登場人物の人間ドラマが繰り広げられる「現代の法廷モノ」が好みです。

いっぽうで、暴力シーンの多いアクション系の作品や女子力高めのドラマは苦手です。

ERなどの医療系ドラマも昔は好きだったものの、手術のシーンが食事時に無理という理由で、最近は見ていません。

以前は、ケーブルテレビの海外ドラマ用チャンネルで気に入った作品をいちいち見つけて録画予約し、そのドラマのシーズンが数か月後に終わったら、また新たなドラマを探して録画する、という作業を繰り返していました。

が、Amazonプライム・ビデオ に申し込んでからはその面倒さから解放され、プライム・ビデオをPCで愛用しています。

30日間の無料体験後、月会費500円(税込)で好みの映画やドラマを自由に視聴できるのが超便利です。

年会費で申し込むと4900円(税込)です。

が!ひとつ注意点があります。

テレビの場合、たいてい、1話が終わったら続きは来週の放送まで待つ必要があるのに対し、Amazonプライムでは、歯止めが効かなくなるからです。

私は今年の前半、アメリカの法廷ドラマ「グッド・ワイフ」でまさにこれを経験しました。

主人公の女性弁護士(アリシア)は、あのERにも看護師役で出演していたジュリアナ・マルグリーズです。

このドラマ、ずっと以前にケーブルテレビでシーズン1だけ見たことがあり、その後の展開がずっと気になっていたのです。

それが今、Amazonプライムで最終のシーズン7まで視聴できるとわかり、仕事の合間に、ほぼ毎日のように見ていました。

個人的には、「グッド・ワイフ」が最高に盛り上がるのは、「風雲急を告げる」シーズン4~5あたりだと感じています。

ちょうど、5月の大型連休の頃にシーズン5に突入したため、ハマりすぎてやめられなくなり、続きは明日にするつもりが、次のエピソードもつい見てしまったのです。

(や、やばい!このドラマ、面白すぎる・・・)

こんな感じで、次々と予想を裏切るスリリングな展開にどっぷりのめりこみ、ついには寝る間も惜しんで徹夜で5話ほど見たこともあります。

一時、仕事に支障をきたすのでは、と本気で心配になったほど。

その後、他のドラマでそこまで夢中になったことはないので、これはちょっと特殊な状況だったかもしれません。

こういう何年も続く長編シリーズは、登場人物もドラマの中で成長していくのがひとつの見どころです。

私は当初、主人公のアリシア推しだったのが、シーズン6以降はそうでもなくなり、途中からダイアンとケイリーのファンになりました。

インド系美女のカリンダは独特の存在感と魅力があります。

というわけで、「グッド・ワイフ」は「スーツ」と並んでイチオシの法廷ドラマです。

ご興味のある方は、ぜひ年末年始の休暇にごらんになってください!

Amazonプライム・ビデオ ですぐ視聴できます。

くれぐれも、私のように海外ドラマ中毒にならないようご注意くださいね。

発音とリスニングを劇的に伸ばす動画メールセミナーを無料プレゼント中!

>> 詳細はこちら

発音やリスニングにお悩みがあり、仕事で英語が必要な方のための限定企画

>> 詳細はこちら