活動団体が日本の捕鯨船を攻撃【Activists attack Japanese whaling ship】

こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。

では、本日の英語ニュースです。学習メニューを順にこなしていきましょう。

全体リーディング

【説明を表示】

Activists attack Japanese whaling ship

Anti-whaling campaigners Sea Shepherd threw brown envelopes containing a white powder and bottles of stinging acid onto a Japanese whaling ship off Antarctica on Monday, hurting three crew members.

重要単語と語句

○ whaling ship:捕鯨船

○ anti-whaling :反捕鯨の → 「anti-」は「~に反対する、敵対する」という意味の接頭辞です。例)anti-war protest:反戦運動

余談ですが、プロ野球ファンの間で使われる「アンチ巨人=巨人嫌いの人」という言葉も(もはや死語か?)ここから発生した和製語でしょう^^;

○ campaigner:活動家、運動家 = activist

○ Sea Shepherd:シー・シェパード → 米国の反捕鯨団体

○ stinging(形容詞):刺すような、刺激性の

○ acid(名詞):酸

○ Antarctica(名詞):南極(大陸)→ 「Arctic=北極地域」も合わせて覚えておきましょう。

○ crew member:乗組員 → 「crew」一語にすると、乗組員全体を指す集合名詞になります。

ミニ解説

文末の「hurting three crew members」の部分は、前の記述全体を受けています。「こういう事件があり、その結果、こんな影響・被害が出た」というニュアンスです。

スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Activists attack

Japanese whaling ship


Anti-whaling campaigners

Sea Shepherd

threw

brown envelopes

containing a white powder

and

bottles of

stinging acid

onto a Japanese whaling ship

off Antarctica

on Monday,

hurting three crew members.

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

活動団体が攻撃、
Activists attack

日本の捕鯨船を。
Japanese whaling ship


反捕鯨活動団体
Anti-whaling campaigners

シー・シェパードが
Sea Shepherd

投げた、
threw

茶色の封筒を、
brown envelopes

白い粉の入った、
containing a white powder

また、
and

瓶を、
bottles of

刺激臭のある液体の、
stinging acid

日本の捕鯨船に、
onto a Japanese whaling ship

南極沖で、
off Antarctica

月曜日に、
on Monday,

その結果、3人の乗組員が怪我をした。
hurting three crew members.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Activists attack Japanese whaling ship

Anti-whaling campaigners Sea Shepherd threw brown envelopes containing a white powder and bottles of stinging acid onto a Japanese whaling ship off Antarctica on Monday, hurting three crew members.

編集後記

今回の英語ニュースは、数時間前にネットから仕入れた最新のネタです。

近頃、反捕鯨団体によるこの手の妨害行為をよく耳にします。

捕鯨に対する考え方や文化の違いが背景にあるのでしょうが、こういう暴力的な手段には賛成できません。

先日、報道番組である男性コメンテーターが少々乱暴な言い回しで以下のように話していました。

「やつら(=欧米の反捕鯨団体)は、同じ捕鯨国でも白人の国であるノルウェーに対してはこんなことをしない。日本が狙われるのは人種差別が根底にあるからだ」

21世紀の今日、それは絶対にありえない、と完全否定できないのが悲しいです。

また、人種差別かどうかを別にしても、日本がナメられているのでは、という疑念はぬぐえません。

捕鯨の是非という純粋な観点から解決法を見つけてほしいです。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら