こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

Japanese canoeist spikes rival’s drink with drug

A Japanese canoeist, who was competing for a spot at the 2020 Tokyo Olympics, admitted to having spiked the drink of a key rival to make him fail a doping test at a national championship last September.

Step 2 >> 重要単語と語句

canoeist(名)カヌー選手

spike(動)(薬物や毒物を)混入する

compete(動)競争する

doping(名)ドーピング

championship(名)選手権

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ A Japanese canoeist, who was competing for a spot at the 2020 Tokyo Olympics, = 日本のカヌー選手が、2020年東京五輪の出場枠を争っていたが、

前後にコンマのある関係代名詞節「who was competing for a spot at the 2020 Tokyo Olympics,」がその直前の「A Japanese canoeist」を補足説明しており、イコールで結ばれる同格の表現です。

「spot」は「place」に置き換えてもOKです。ここでは「出場枠」と意訳しています。

「the 2020 Tokyo Olympics(2020年東京五輪)」は「the 2020 Tokyo Olympic Games」と表現することもできます。いずれも複数形になる点に注意しましょう。

◆ admitted to having spiked the drink of a key rival = 主要なライバルの飲み物に(薬物を)混入したのを認めた

この動詞「admit」は「自分にとって不利な事実・よくない行為を白状する」というニュアンスで、「confess」と同様の意味です。

「admit to + 名詞または動名詞」となり、「to」は前置詞です。ここでは、過去に行なったことを後で認めた、という意味合いで時制をずらし、完了の助動詞「have」を挿入して「having spiked」としましたが、「spiking」としてもOKです。

◆ to make him fail a doping test at a national championship last September= 去年9月の国内選手権で、彼をドーピング検査で失格とするため、

「make」は使役動詞で「make + A(目的語の名詞)+ B(動詞の原形)」=「AをBさせる」です。ここでは「A=him」「B=fail」ですね。

形容詞「national(国内の)」を「international(国際的な)」と混同しないよう区別しておきましょう。

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Japanese canoeist / spikes rival’s drink with drug

A Japanese canoeist, / who was competing for a spot / at the 2020 Tokyo Olympics, / admitted to having spiked the drink / of a key rival / to make him fail a doping test / at a national championship last September.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 日本のカヌー選手が / ライバルの飲み物に薬物を混入

日本のカヌー選手が、/ 出場枠を争っていたが、/ 2020年東京五輪の、/ 飲み物に(薬物を)混入したのを認めた、/ 主要なライバルの、/ 彼をドーピング検査で失格とするため、/ 去年9月の国内選手権で。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

日本のカヌー選手が
Japanese canoeist

ライバルの飲み物に薬物を混入
spikes rival’s drink with drug

—————————————————–

日本のカヌー選手が、
A Japanese canoeist,

出場枠を争っていたが、
who was competing for a spot

2020年東京五輪の、
at the 2020 Tokyo Olympics,

飲み物に(薬物を)混入したのを認めた、
admitted to having spiked the drink

主要なライバルの、
of a key rival

彼をドーピング検査で失格とするため、
to make him fail a doping test

去年9月の国内選手権で。
at a national championship last September.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

Japanese canoeist spikes rival’s drink with drug

A Japanese canoeist, who was competing for a spot at the 2020 Tokyo Olympics, admitted to having spiked the drink of a key rival to make him fail a doping test at a national championship last September.