イージス艦が漁船と衝突【Aegis destroyer collides with fishing boat】

こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。

では、本日の英語ニュースです。学習メニューを順にこなしていきましょう。

全体リーディング

【説明を表示】

Aegis destroyer collides with fishing boat

Maritime Self-Defense Force Aegis destroyer Atago collided with a small fishing boat in the Pacific off the coast of Chiba Prefecture early Tuesday morning. The two fishermen aboard are missing.

重要単語と語句

○ Aegis destroyer:イージス艦 → イージスシステム(=アメリカ海軍によって、対空戦闘を重視して開発された艦載戦闘システム)を搭載した艦艇。特に防空能力が優れているとされる。

○ collide with:~と衝突する 例) The two buses collided with each other.

○ Maritime Self-Defense Force:海上自衛隊(の)→ 略してMSDF。下記もセットで覚えておきましょう。

Air Self-Defense Force(=ASDF):航空自衛隊  Ground Self-Defense Force(=GSDF):陸上自衛隊

○ Atago(名詞):あたご →本文に登場するイージス艦の名前。

○ (the) Pacific(名詞):太平洋 = (the) Pacific Ocean → 反対側の日本海は「the Sea of Japan」ですね。

○ off the coast of:~の沖で → 「off」は「~に接していない」というニュアンス。「coast(沿岸)に接していない場所=沖」となります。

○ aboard(副詞):乗船して、(飛行機に)搭乗して

○ missing(形容詞):行方不明の

ミニ解説

本日、正午現在のニュースによると、マグロはえ縄漁船清徳丸と衝突した海上自衛隊のイージス護衛艦「あたご」は、清徳丸とともに漁場に向かっていた漁船団に回避措置を取ることなく接近していたことが、複数の漁船の乗組員らの証言で明らかになっています。

スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Aegis destroyer

collides with

fishing boat


Maritime Self-Defense Force

Aegis destroyer Atago

collided with

a small fishing boat

in the Pacific

off the coast

of Chiba Prefecture

early Tuesday morning.

The two fishermen

aboard

are missing.

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

イージス艦が
Aegis destroyer

衝突、
collides with

漁船と
fishing boat


海上自衛隊の
Maritime Self-Defense Force

イージス艦あたごが
Aegis destroyer Atago

衝突した、
collided with

小型漁船と、
a small fishing boat

太平洋で、
in the Pacific

沖合いで、
off the coast

千葉県の、
of Chiba Prefecture

火曜日の未明に。
early Tuesday morning.

猟師2名は、
The two fishermen

乗船していた、
aboard

行方不明になっている。
are missing.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Aegis destroyer collides with fishing boat

Maritime Self-Defense Force Aegis destroyer Atago collided with a small fishing boat in the Pacific off the coast of Chiba Prefecture early Tuesday morning. The two fishermen aboard are missing.

編集後記

海上自衛隊の今回の騒動で、ちょうど20年前の「なだしお」の事故を思い出しました。

東京湾で1988年7月、潜水艦「なだしお」と大型釣り船第1富士丸が衝突し、このときは30人が犠牲になったといわれています。

当時、「なだしお」の乗組員の態度が問題になったのと同じように、今回も、当初の発表と異なる新事実が連日のように報道されています。

しばらく、海上自衛隊と防衛省のニュースから目が離せそうにありません。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら