こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1>> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

Government decides on monthly overtime limit

The Japanese government reached a three-way agreement on Friday with business and labor leaders to limit monthly overtime work to less than 100 hours during busy periods.

Step2>> 重要単語と語句

overtime(形)時間外の、残業の

three-way(形)三者間の

agreement(名)合意

Step3>> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ The Japanese government reached a three-way agreement…with business and labor leaders
= 日本政府は労使代表との三者合意に達した

「reached an agreement with A」=「Aとの合意に達する」という表現です。「agreement」が母音で始まる単語なので不定冠詞は「an」となりますが、ここでは「three-way(三者間の)」という形容詞が挿入されているため、冠詞が「a」が入ります。

「three-way(三者間の)」の三者とは、具体的には日本政府、経団連、連合を指しています。

*経団連(Japan Business Federation):正式名称は日本経済団体連合会。日本商工会議所、経済同友会と並ぶ「経済三団体」の一つで、東証一部上場企業を中心に構成される。(コトバンクより引用)

*連合(Japanese Trade Union Confederation):正式名称は日本労働組合総連合会。日本の労働組合のナショナル・センター(中央労働団体)。(連合のサイトより引用)

◆ to limit monthly overtime work to less than 100 hours during busy periods.
= 繁忙期の1ヶ月の残業を100時間未満に制限するという

「limit A to B」=「AをBに制限する」となり、ここでは「A=overtime work(残業)」「B=less than 100 hours(100時間未満)」を指します。

ここでの「未満」という表現が重要で、「100時間」には達しないという意味なので「less than 100 hours」となります。もし「以下」なら「100時間」まで含まれるため、「up to 100 hours」と表現します。「100時間未満」と「100時間以下」の文言をめぐって、労使間の協議ではかなりモメたようです。

Step4>> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Government decides / on monthly overtime limit

The Japanese government / reached a three-way agreement on Friday / with business and labor leaders / to limit monthly overtime work / to less than 100 hours / during busy periods.

Step5>> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 政府が決定、/ 1ヶ月の残業の上限を

日本政府が / 金曜日、三者合意に達した、/ 労使の代表と、/ 1ヶ月の残業を制限するという、/ 100時間未満に、/ 繁忙期の。

Step6>> リプロダクション ~ 和文から元の英文を再生してみよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

政府が決定、
Government decides

1ヶ月の残業の上限を
on monthly overtime limit

—————————————————–

日本政府が
The Japanese government

金曜日、三者合意に達した、
reached a three-way agreement on Friday

労使の代表と、
with business and labor leaders

1ヶ月の残業を制限するという、
to limit monthly overtime work

100時間未満に、
to less than 100 hours

繁忙期の。
during busy periods.

Step7>> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

Government decides on monthly overtime limit

The Japanese government reached a three-way agreement on Friday with business and labor leaders to limit monthly overtime work to less than 100 hours during busy periods.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう

~産経ニュース より~

繁忙期の残業100時間「未満」、政労使が合意 過労死遺族や野党の批判に配慮

政府、経団連、連合は17日、罰則付きの残業上限規制について合意し、政府の働き方改革実現会議に提示した。焦点だった繁忙期の残業上限をめぐり、単月100時間「未満」とする安倍晋三首相の要請を、「以下」にするよう主張していた経団連が受け入れた。

安倍首相は実現会議で「労使の上限までの残業を回避する努力を支援するため、労働基準法を改正して指針を定め、残業が100時間未満に至らなくても政府が助言、指導を行う制度を整備する」と述べた。

また、現行規制の適用除外となっている建設業や運輸業については「長年の慣行を破り、猶予期間を設けた上で、実態に即した形で規制を適用する方向としたい」と述べ、石井啓一国土交通相に引き続き業界団体と調整するよう指示した。

編集後記

繁忙期の残業の上限が「月100時間未満」という数字、どう思われますか。必ずしも「上限ぎりぎりまで働く」意味ではないにしても、こんな高い数字で過労死を防げるのかな、と疑問です。

最近、ブラック企業などという言葉をよく耳にしますが、高度経済成長期の労働環境はもっと過酷だったんでしょうね。

そういえばバブル時代、栄養ドリンクの「24時間働けますか」というビジネスマン向けのキャッチフレーズが流行したこともありました。

動画を検索したらやっぱりありました。時任三郎のこのCM、めっちゃなつかしいです・・・。メロディはなんとなく覚えていたものの、こんなにいろんなバージョンがあったとは!

リゲインCM【24時間戦えますか?】から時を経て【3,4時間戦えますか?】に変わった件
https://www.youtube.com/watch?v=qKukSd6Ydl8

冒頭に流れる威勢のいい軍歌調のCMがバブル絶頂期(1989年~)の作品、このシリーズがしばらく続いた後、女性のやさしい歌声の流れるバージョンがバブル崩壊後(1991年~)らしいです。世相をはっきり表していてちょっとせつないです。

CMの内容も時代と共に変化していったんですね。