暴力団抗争の渦中で警察が警戒【Police on alert amid gang war】

News-icon5-48こんにちは! やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Military-Firing-Gun-iconPolice on alert amid gang war

Japan’s police have gone on high alert amid reports the nation’s biggest organized crime syndicate based in the western city of Kobe has split into different factions.

Step2:重要単語と語句

on alert:警戒して
syndicate(名詞):犯罪組織

split(動詞):分裂する
faction(名詞):派閥

Step3:ミニ解説

◆ Japan’s police have gone on high alert amid reports… = ~という報道の渦中で、日本の警察が厳戒態勢に入った

「police(警察)」は多くの警察関係者が所属する組織全体を表すため、複数形とみなします。
ここでの「reports」は「マスコミによる報道」を意味しています。この直後に名詞節を導く「that」が省略されていると解釈してください。

◆ the nation’s biggest organized crime syndicate based in the western city of Kobe = 西日本の街、神戸を拠点とする国内最大の暴力団

「nation」はもちろん「日本」を指しています。冒頭で「Japan」を使用しているため、同じ単語の重複を避けた言い換え表現です。

「syndicate」の直後に関係代名詞節「which is」を補い、「based」は受け身と解釈しましょう。

英文タイトルの「gang」と同様、「organized crime syndicate」も日本の「暴力団」を表す英語表現です。派生語として、「gangster」で「ギャングの一員 ⇒ 暴力団員」を表します。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Police on alert / amid gang war

Japan’s police / have gone on high alert / amid reports / the nation’s biggest / organized crime syndicate / based in the western city of Kobe / has split / into different factions.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

警察が警戒、/ 暴力団抗争の渦中で

日本の警察が / 厳戒態勢に入った、/ 報道の渦中で、/ 国内最大の / 暴力団が、/ 西日本の街、神戸を拠点とする、/ 分裂したという、/ 異なる派閥に。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

警察が警戒、
Police on alert

暴力団抗争の渦中で
amid gang war


日本の警察が
Japan’s police

厳戒態勢に入った、
have gone on high alert

報道の渦中で、
amid reports

国内最大の
the nation’s biggest

暴力団が、
organized crime syndicate

西日本の街、神戸を拠点とする、
based in the western city of Kobe

分裂したという、
has split

異なる派閥に。
into different factions.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Police on alert amid gang war

Japan’s police have gone on high alert amid reports the nation’s biggest organized crime syndicate based in the western city of Kobe has split into different factions.

参考記事:神戸新聞

山口組分裂騒動 なぜ今?火種は人事と経済負担

国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区、構成員約1万人)は、有力団体「山健組」(同市中央区、同約2千人)など十数団体が脱退と新組織設立に動き、実質的な分裂状態に入った。

捜査関係者らによると、山口組執行部の情報統制は厳しく、騒動の背景をめぐってはさまざまな臆測が飛び交う。

対立が強まれば、大規模な抗争に発展する恐れもあり、兵庫県警など全国の警察当局は警戒と情報収集に全力を挙げている。

編集後記

山口組の抗争といえば、ずっと以前、神戸のホテルで市民を巻き込んだ発砲事件が起きたのを思い出します。ティーラウンジにいた歯科医師が流れ弾に当たって死亡した痛ましい出来事でした。

当時、宿泊や観劇に訪れたことのある馴染みのホテルだったので(え~、マジ?)と青ざめました。もう二度とあんな恐ろしい事件はごめんです。

 

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら