日曜日にギリシャ救済の国民投票【Greek bailout referendum on Sunday】

News-icon1-48こんにちは! やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

greece-iconGreek bailout referendum on Sunday

The people of Greece went to the polls on Sunday to vote in a referendum on whether to accept demands for further austerity proposed by international creditors.

Step2:重要単語と語句

bailout(名詞):救済
referendum(名詞):国民投票

austerity(名詞):緊縮
creditor(名詞):債権者

Step3:ミニ解説

◆ The people of Greece went to the polls on Sunday = ギリシャの国民が日曜日、投票所へ足を運んだ

「people」には「人々」の他、ある国の「国民」という意味があり、定冠詞「the」を付けるのが通常です。

また、「poll」は「投票」という意味で使うことが多いですが、今回は「投票所」という場所を示しています。単語がどの意味を表しているのか、前後の文脈で判断しましょう。

◆ demands for further austerity proposed by international creditors = 国際債権団から提示されたさらなる緊縮への要求

形容詞「further(さらなる)」という表現から、ギリシャに緊縮策を求めるのは今回が初めてではないことがうかがえますね。

受け身の過去分詞「proposed」の前に関係代名詞節「which was」を補って解釈しましょう。

ヨーロッパの複数の国々が債権者となっているため、「creditors(債権団)」と表現しています。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Greek bailout referendum / on Sunday

The people of Greece / went to the polls on Sunday / to vote in a referendum / on whether to accept / demands for further austerity / proposed by international creditors.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

ギリシャ救済の国民投票 / 日曜日に

ギリシャの人々が / 日曜日に投票所へ行った、/ 国民投票で投票するため、/ 受け入れるかどうかについて、/ さらなる緊縮への要求を、/ 国際債権団に提示された。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

ギリシャ救済の国民投票、
Greek bailout referendum

日曜日に
on Sunday


ギリシャの人々が
The people of Greece

日曜日に投票所へ行った、
went to the polls on Sunday

国民投票で投票するため、
to vote in a referendum

受け入れるかどうかについて、
on whether to accept

さらなる緊縮への要求を、
demands for further austerity

国際債権団に提示された。
proposed by international creditors.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Greek bailout referendum on Sunday

The people of Greece went to the polls on Sunday to vote in a referendum on whether to accept demands for further austerity proposed by international creditors.

参考記事:日本経済新聞

アテネ市民「混乱収束を」 緊縮策巡り国民投票始まる

欧州連合(EU)から突きつけられた財政緊縮策の受け入れの賛否を問うギリシャの国民投票が5日、実施された。

「痛み」を受け入れてでもユーロ圏の一員として歩み続けるのか、それとも欧州統合という歴史的な実験に背を向けるのか。早朝から投票所を訪れた市民はそれぞれの決断を下した。

「今日は恐怖に打ち勝つ日だ。誇りと決断のメッセージを(EUに)伝える」。

同日午前10時半(日本時間午後4時半)ごろ、アテネ市中心部の投票所に姿を見せたチプラス首相は、記者団に対しEU案への反対を求める立場を改めて示した。

編集後記

当初、今回の英語ニュースでは日本の産業革命遺産の世界遺産登録を取り上げる予定でしたが、土壇場で日韓の交渉が長引いて決定が延期されたため、ギリシャの国民投票に延期しました。

が、こちらも原稿作成時点ではまだ結果が出ていません。こういうタイミングで英語ニュースを作成するのはなかなか大変です。

世界遺産は先ほど、登録決定が報じられましたのでやれやれです。日本側が譲歩したという話もあり、なんだか今後の日韓関係に影響を及ぼしそうな気がします・・・。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら