ブラジルがコロンビア飛行機墜落の犠牲者を追悼【Brazil mourns victims of Colombia plane crash】

news-iconこんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1>> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

soccerk-viewBrazil mourns victims of Colombia plane crash

Thousands of mourners gathered at the stadium of their local soccer team in Chapeco, Brazil on Saturday when the bodies of 71 people, who were killed in a Colombia plane crash, returned home.

Step2>> 重要単語と語句

mourn(動):追悼する

victim(名):犠牲者

crash(名/動):墜落(する)

Step3>> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ Thousands of mourners gathered at the stadium of their local soccer team in Chapeco, Brazil = 数千人の追悼者がブラジルのシャペコにある地元サッカーチームの競技場に集まった

「thousands of=数千の~」は概数を表す表現のひとつです。以下の要領で日本語と英語の対応を覚えておきましょう。

dozens of people  数十人の人々
hundreds of people 数百人の人々

thousands of people 数千人の人々
tens of thousands of people 数万人の人々
hundreds of thousands of people 数十万人の人々

millions of people 数百万人の人々
tens of millions of people 数千万人の人々
hundreds of millions of people 数億人の人々

billions of people 数十億人の人々

形容詞「local」は「地元の」を表し、「いなかの」という意味ではないので注意しましょう。「local」の対義語は「central(中央の)」です。

◆ on Saturday when the bodies of 71 people, who were killed in a Colombia plane crash, returned home. 
= 土曜日に、その日は71人の遺体が、彼らはコロンビアの飛行機墜落で死亡したのだが、母国に帰還した

文中の「when」は時を示す関係副詞で、先行詞は直前の「on Saturday」です。

関係代名詞を含む「the bodies of 71 people, who were killed in a Colombia plane crash, returned home.」の部分は以下のように2つの英文に分解することができます。

* The bodies of 71 people returned home. 71人の遺体が母国に帰還した。
* They were killed in a Colombia plane crash. 彼らはコロンビアの飛行機事故で死亡した。

動詞の「kill」は意図的な殺人だけではなく、災害や事故による死亡にも使用されます。文中の「Colombia」は「plane crash」を修飾する形容詞の役割を果たしており、「a plane crashin Colombia」と同様の意味になります。

なお、飛行機事故で犠牲になったのはブラジルの「Chapeco(シャペコ)」を本拠地とするクラブチーム、「Chapecoense(シャペコエンセ)」の選手たちと関係者です。

Step4>> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Brazil mourns victims / of Colombia plane crash

Thousands of mourners / gathered at the stadium / of their local soccer team / in Chapeco, Brazil / on Saturday / when the bodies of 71 people, / who were killed / in a Colombia plane crash, / returned home.

Step5>> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> ブラジルが犠牲者を追悼、/ コロンビア飛行機墜落の

数千人の追悼者が / 競技場に集まった、/ 彼らの地元サッカーチームの、/ ブラジルのシャペコにある、/ 土曜日、/ そのとき、71人の遺体が、/ 彼らは死亡したのだが、/ コロンビアでの飛行機墜落で、/ 母国に帰還した。

Step6>> リプロダクション ~ 和文から元の英文を再生してみよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

ブラジルが犠牲者を追悼、
Brazil mourns victims

コロンビア飛行機墜落の
of Colombia plane crash


数千人の追悼者が
Thousands of mourners

競技場に集まった、
gathered at the stadium

彼らの地元サッカーチームの、
of their local soccer team

ブラジルのシャペコにある、
in Chapeco, Brazil

土曜日、
on Saturday

そのとき、71人の遺体が、
when the bodies of 71 people,

彼らは死亡したのだが、
who were killed

コロンビアでの飛行機墜落で、
in a Colombia plane crash,

母国に帰還した。
returned home.

Step7>> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

soccerk-viewBrazil mourns victims of Colombia plane crash

Thousands of mourners gathered at the stadium of their local soccer team in Chapeco, Brazil on Saturday when the bodies of 71 people, who were killed in a Colombia plane crash, returned home.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう~産経ニュース より~

雨の中、本拠地競技場で… 犠牲選手追悼式

コロンビア中部メデジン近郊でチャーター機が墜落した事故で、死亡したブラジルのサッカークラブチーム「シャペコエンセ」の選手らの遺体が3日、ブラジル南部サンタカタリナ州シャペコに搬送され、チーム本拠地の競技場で追悼式が行われた。

遺体はシャペコの空港でテメル大統領や軍兵士に迎えられ、雨が降る市内をゆっくりと競技場へ移動。沿道はチームのユニホームを着た市民らで埋め尽くされた。
地元メディアなどによると、競技場には約2万人が詰めかけた。ひつぎを拍手で迎え、選手のこれまでの健闘をたたえて別れを惜しんだ。

編集後記

コロンビアでのチャーター機墜落はスポーツ史上まれにみる惨事ですね・・・。犠牲者の中には、かつて日本のJリーグでプレーした選手も含まれているとのこと。

墜落事故に遭ったサッカーチーム「シャペコエンセ」について、こちらの記事より一部引用しておきます。


快進撃イレブン襲った悲劇=大舞台直前、悪夢に-元J1監督が指揮・コロンビア墜落

南米コロンビア中部メデジン近郊で28日に起きたチャーター機墜落事故では、ブラジルのサッカーチーム「シャペコエンセ」の主力選手の大半が犠牲になったとみられる。

弱小と見なされていたチームが快進撃の末、ビッグタイトルにあと一歩まで迫ったところで見舞われた悲劇。関係者の間にショックが広がっている。(中略)

シャペコエンセはブラジル南部シャペコを本拠地とする地域密着チームで、1973年に設立された。

1部リーグに2014年に復帰したばかりで、今季はかつてJ1神戸を指揮したカイオ・ジュニオール監督の下、J1C大阪などに在籍していたFWケンペス選手らの働きもあって躍進。

南米のクラブチームが戦うコパ・スダメリカーナ(南米杯)の大舞台でも、準決勝でアルゼンチンの強豪サン・ロレンソを下し、チーム史上初めて30日、コロンビアのアトレティコ・ナシオナルとの決勝第1戦に臨むはずだった。


選手たちの亡骸を入れた棺がずらりと並ぶ光景を見ると、チームを襲った残酷な運命に胸が詰まります。メンバーの大半を失ったこのチームを、今後どのように再建していくのでしょうか。

Follow me!