東京のタクシーが初乗り運賃を値下げ【Tokyo taxis cut initial fare】

こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Tokyo taxis cut initial fare

Taxis operating in the Tokyo metropolitan area reduced the minimum fare to 410 yen from 730 yen on Monday to attract more passengers including elderly people and foreign tourists.

Step2:重要単語と語句

initial(形)最初の

fare(名)運賃

metropolitan(形)大都市の

passenger(名)乗客

Step3:ミニ解説

◆ Taxis operating in the Tokyo metropolitan area reduced the minimum fare to 410 yen = 東京都内で営業中のタクシーが初乗り運賃を410円に値下げした

現在分詞に導かれる語句「operating in the Tokyo metropolitan area」が冒頭の名詞「taxis」を修飾しています。

文中の「reduce(削減する)」は目的語を必要とする他動詞です。

形容詞「minimum(最低限の)」を使った 「minimum fare」を文字通り訳すと「最低運賃」となりますが、ここでは「初乗り運賃」と表現しています。タイトルの「initial fare」と同じ意味です。

◆ to attract more passengers including elderly people and foreign tourists = 高齢者と外国人観光客を含むさらなる乗客を引きつけるため

不定詞の「to」は「~のために」を表す副詞的用法です。高齢者を指す場合、「old people」と表現するとやや失礼な印象を与えるため、「elderly people」「senior citizens」などの語句がよく使われます。

「tourists」は「visitors」でもOKです。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Tokyo taxis cut initial fare

Taxis operating in the Tokyo metropolitan area / reduced the minimum fare to 410 yen / from 730 yen on Monday / to attract more passengers / including elderly people and foreign tourists.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認
東京のタクシーが初乗り運賃を値下げ

東京都内で営業中のタクシーが、/ 初乗り運賃を410円に値下げした、/ 730円から、月曜日に、/ さらなる乗客を呼び込むため、/ 高齢者や外国人観光客を含む。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

東京のタクシーが初乗り運賃を値下げ、
Tokyo taxis cut initial fare


東京都内で営業中のタクシーが、
Taxis operating in the Tokyo metropolitan area

初乗り運賃を410円に値下げした、
reduced the minimum fare to 410 yen

730円から、月曜日に、
from 730 yen on Monday

さらなる乗客を呼び込むため、
to attract more passengers

高齢者や外国人観光客を含む。
including elderly people and foreign tourists.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Tokyo taxis cut initial fare

Taxis operating in the Tokyo metropolitan area reduced the minimum fare to 410 yen from 730 yen on Monday to attract more passengers including elderly people and foreign tourists.

参考記事:時事ドットコム より

「ちょい乗り」タクシー始動=初乗り410円-東京23区など

東京都23区と武蔵野市、三鷹市を営業区域とするタクシーの初乗り運賃が30日、引き下げられ、これまでの730円(2キロまで)から大半が410円(1.052キロまで)に変わった。

タクシーの利用客減少が続く中、「ちょい乗り」需要を喚起するのが狙いだ。

2016年に2400万人まで増加した訪日外国人の利用促進も課題。「ロンドンやニューヨークと比べてもリーズナブルな運賃」(業界関係者)を実現することで、「日本のタクシーは割高」との評判の払拭(ふっしょく)にもつなげる。

料金改定は加算運賃も対象。国土交通省の試算によると、約2キロまでは値下げとなるが、約2キロ~約6.5キロでは値下げとなる部分と値上げの部分があり、約6.5キロ以上は値上げとなる。

編集後記

私は大阪府内の実家に帰省する際、実家の最寄り駅からの往復でときどきタクシーを使います。往路は駅のタクシー乗り場からで六百円程度、復路は電話で呼び出すため千円前後かかります。

初乗り料金が410円になるとバスに乗る感覚に近くなり、お手軽感が増すでしょうね。今後、東京以外でも実施する動きがあるのか注目したいです。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら