【Topic33】5:反訳トレーニング

過去に当メルマガで配信した英語ニュースの音声でリスニング力を鍛えましょう!

今回は、課題Topicの英語ニュースを使って「反訳トレーニング」を練習します。

【Day5:反訳トレーニング】

「反訳トレーニング」とは、スラッシュで区切った日本語テキストを見て、元の英文を思い出しながら順に英語を再生していく訓練です。

反訳トレーニングはテキストのみでも可能ですが、音声を使用したほうが、英文の自然な速度やリズムを意識した高度なトレーニングができます。

「反訳トレーニング」の詳しい解説ページはこちら。 

※上のページでは「スラッシュ通訳」と呼んでいますが、意味は「反訳とレーニング」と同じです。

本日のExercise

まず準備運動として、今週の課題Topicの英文を区切りごとに日本語に訳していきましょう。

このとき、後ろから前に返り読みせず、英語の語順のまま読み進めてください。

この訳し方を「サイト・トランスレーション」といいます。

今週の課題Topic

Chinese character of the year / goes to “ring”

The annual Chinese character / of the year / on Thursday / went to “ring”, / inspired / by Tokyo’s successful bid / to host / the 2020 Summer Olympics.

区切りごとに和訳できたら、次の例と比べてみてください。

和訳例

今年の漢字は / 「輪」に決定

毎年恒例の漢字は、/ 今年を象徴する、/ 木曜日、/ 「輪」に決定した、/ 鼓舞されて、/ 東京の招致成功に、/ 開催するための、/ 2020年夏季五輪を。

和訳例を確認したら、今度は、上の和訳を見ながら瞬時英訳を練習します。まだ、この段階では音声を使いません。

和文テキストを見てすらすら英訳できるようになったら、ここで初めて下の音声プレーヤーを使用します。

文字を見ない状態で音声を再生し、日本語の後のポーズ(無音部分)で瞬時英訳し、英語音声の後のポーズでリピートしてください。

「日本語 → 瞬時英訳 → 英語 → リピート」を繰り返し、最後まで言えたら合格です。


解答をチェック!

今年の漢字は
Chinese character of the year

「輪」に決定
goes to “ring”


毎年恒例の漢字は、
The annual Chinese character

今年を象徴する、
of the year

木曜日、
on Thursday

「輪」に決定した、
went to “ring”,

鼓舞されて、
inspired

東京の招致成功に、
by Tokyo’s successful bid

開催するための、
to host

2020年夏季五輪を。
the 2020 Summer Olympics.

・・・いかがでしたか。ポーズの間に英文をすらすら言えましたか。

この訓練を反復することで、時事問題を英語で論じるときの発信力が飛躍的に上がりますよ。


本日の課題は以上です。お疲れさまでした!

次回はいよいよ総仕上げとして、今まで取り上げた通訳式トレーニングをまとめて実施します。どうぞお楽しみに。

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」を好評配信中!

読者登録の特典として、「リスニングと発音を短期間で伸ばす動画付きメールセミナーを無料プレゼント! >> 登録はこちら