自民党が党員用の失言防止マニュアルを作成【LDP creates anti-gaffe guide for its members】

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

LDP creates anti-gaffe guide for its members

The ruling Liberal Democratic Party distributed a notice to its lawmakers advising them to watch their mouths when speaking in public following a series of verbal blunders that led to the resignations of some cabinet ministers.

Step2:重要単語と語句

gaffe(名)失言

distribute(動)配布する

notice(名)通知

lawmaker(名)国会議員

verbal(形)口頭の

blunder(名)失策・失態

resignation(名)辞任

cabinet(名)内閣

Step3:ミニ解説

◆ LDP creates anti-gaffe guide for its members  自民党が党員用の失言防止マニュアルを作成

英文記事のタイトルでは直近の過去の出来事を現在形で表し、冠詞やBe動詞を省略する傾向があります。

通常の英文に直すと以下のようになります。(  )が変更・補足した箇所です。

LDP create(d) (an) anti-gaffe guide for its members.

「LDP」は「the ruling Liberal Democratic Party(自由民主党)」の頭文字を取った略称です。

「anti」は「反~」「対~」を表す接頭辞です。何かに対する「反対」や「対策」を表すときに使用します。

「guide」は「指示書」という意味ですが、日本語のメディア報道に合わせて「マニュアル」と訳しています。

◆ The ruling Liberal Democratic Party  与党の自由民主党が

形容詞「ruling(与党の)」は「governing」と表現してもOKです。

「opposition(野党の)」と対にして覚えておきましょう。

例)opposition parties(野党陣営)

◆ advising them to watch their mouths  言葉を慎むよう彼らに助言する内容の

「advising them」=「which advised them」となります。

関係代名詞の主格「which」の先行詞は前述の名詞「notice(通知)」です。

「watch one’s mouth(言葉遣い・物の言い方に注意する)」は命令文で使うことの多い表現です。

◆ when speaking in public (彼らが)公の場で発言する際に

この部分は「when they speak in public」と表現してもOKです。

「接続詞」の後の主語を省略した場合は動詞が現在分詞に変形します。

◆ that led to the resignations of some cabinet ministers (そのことが)数人の閣僚の辞任につながった

関係代名詞の主格「that」の先行詞は直前の「verbal blunders(失言)」です。

ここでの「some」は「幾人かの」というざっくりしたニュアンスで使用しています。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

LDP creates anti-gaffe guide for its members

The ruling Liberal Democratic Party / distributed a notice to its lawmakers / advising them to watch their mouths / when speaking in public / following a series of verbal blunders / that led to the resignations of some cabinet ministers.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

自民党が党員用の失言防止マニュアルを作成

与党の自由民主党が / 党内の国会議員に通知を配布した、/ 言葉を慎むよう助言する内容の、/ 公の場で発言する際に、/ 一連の失言を受けて、/ 数人の閣僚の辞任につながった。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

自民党が党員用の失言防止マニュアルを作成
LDP creates anti-gaffe guide for its members


与党の自由民主党が
The ruling Liberal Democratic Party

党内の国会議員に通知を配布した、
distributed a notice to its lawmakers

言葉を慎むよう助言する内容の、
advising them to watch their mouths

公の場で発言する際に、
when speaking in public

一連の失言を受けて、
following a series of verbal blunders

数人の閣僚の辞任につながった。
that led to the resignations of some cabinet ministers.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

LDP creates anti-gaffe guide for its members

The ruling Liberal Democratic Party distributed a notice to its lawmakers advising them to watch their mouths when speaking in public following a series of verbal blunders that led to the resignations of some cabinet ministers.

参考記事:Tokyo Web

自民が失言防止マニュアル 災害、LGBT分野など注意喚起

自民党は今夏の参院選を前に、所属議員や候補者による演説中の失言を防ぐため、注意事項をまとめた文書を党内に配布した。

歴史認識や性的少数者(LGBT)に関する個人的見解などは「表現が強くなる傾向がある」と指摘し、発言をコントロールするよう促す内容だ。

文書は党組織運動本部遊説局が作成したA4一枚の電子データで、今月十日に配布した。

発言は「一部が切り取られ報道」されると注意喚起し、記事の見出しに使われやすいジャンルとして(1)歴史認識、政治信条(2)ジェンダー(性差)・LGBT(3)事故や災害(4)病気や老い(5)受けを狙える雑談口調の表現-の五分野を挙げた。

編集後記

政治家の失言は与野党を問わず発生していますが、与党議員の場合は政権運営にかかわるので注目されやすいですね。

今回の失言防止マニュアルに対しては「(内容があたりまえすぎて)レベルが低い」という批判も出ているようです。

それでも、一般常識からズレた失言がたびたび物議をかもしている以上、何もないよりはいいのかもしれません。

このマニュアルの効果があったかどうかは、しばらく様子見です。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら