効果的なリスニングの訓練方法

今週は、主に「発音とリスニングへの苦手意識から中級で伸び悩んでいる方」を対象に、上級レベルに飛躍するカギとして「英語の音の仕組み」に関する特別コラムをお届けしています。

今日はその3日目です。

これまでの学習コラムの内容はこちらです。

3日目のテーマは「効果的なリスニングの訓練方法」です。

私の英語教室では、英語ニュースのリスニング訓練を開始する前に、3ヶ月の「発音Basic講座」を受講してもらっています

なぜなら、人は「自分で正しく発音できない音は聞き取れない」からです。

「英語の音の仕組み」を理解せずに長文を繰り返しリスニングしても、苦手な音はいつまでたっても聞き取れません。

英語は「音楽」であり、自分の口はそれを奏でる「楽器」です。

どうやったら良い音色が出るのか、楽器と同じように練習しながら身につけるしかないのです。

さて、ここからが今日の本題です。

長文リスニング力の測定方法

「発音の仕方をひと通り理解した」という前提で、長文のリスニング訓練についてご説明します。

ネイティブが話す生の英語を聞き取れるようになるには、ナチュラル・スピードでリスニング練習するのが重要です。

「毎日の英速読」の著者、ジェームス・M・バーダマン氏によると、英語ネイティブのナチュラル・スピードは、通常、1分間で140Words以上(CNNなどは180Words以上)になとのこと。

実際に、ナチュラル・スピードの英語を聞き取れるかどうかを測定するために、「やさしい英語ニュース」の音声付版から最近の話題を出題します。

次のニュースを聞き、全文を5分以内にディクテーションしてみましょう。

速度が2種類ありますので、まずナチュラルスピードで試し、難しければ、ややスローのほうをご使用ください。

英語ニュースのリスニング力判定クイズ】

ナチュラルスピード


ややスロースピード


解答

Tokyo governor displeased with Olympic marathon switch

Tokyo Governor Yuriko Koike showed an apparent expression of displeasure on Friday over the International Olympic Committee’s abrupt decision to move the marathon and race walking events next year to the northern city of Sapporo in order to avoid the extreme summer heat in the capital.

・・・いかがでしたか。間違いが2個以内なら合格です。

ここで重要なのは、間違えた箇所の理由を分析することです。

いつもの繰り返しになりますが、一般に、英語音声が正しく聴き取れないときの原因は次の3つに大別されます。

【リスニングの間違いパターンの分類】

1)その単語や表現を知らなかった ⇒ 単語・語彙力の不足

2)英文法と英文構造を正しく理解できなかった ⇒ 文法・読解力の不足

3)読めば理解できる英文を聴き取れなかった ⇒ 発音力の不足

間違いのある人は、1)-3)のどれが原因なのか、おおまかに分類してみましょう。

1)または2)が原因で聴き取れなかったときは、リスニング力の問題ではなく、単語・語彙力と文法・読解力を強化するのが課題です。

「自分の知らない単語」は聴き取れませんし、「読んで意味のわからない英文」は聴いても理解できないからです

3)が原因のときは、「読めば理解できる英語が聞き取れなかった」ということなので、ネイティブ音声の発音に着目してください。

個々の母音や子音だけなく、音の連結や脱落、強弱リズムを分析し、同じようにリピートできるようになれば、次からは聞き取れます。

発音分析スクリプトの音読トレーニング

私のクラスでは、英語ニュースのリスニング訓練をおこなう際、ナチュラルスピードの音声をリスニング用に、スロースピードのほうを、リピーティングやシャドーイングなどの通訳式訓練に使用しています。

音読練習するときは、まず無理のない速度でネイティブ音声の真似をするほうが、英文の強弱リズムや発音ルールを習得しやすいからです。

いきなりナチュラルスピードでついていこうとすると、舌が回らずに音が抜けたりリズムが狂ったりしたあげく、いい加減な発音になりがちなので気を付けましょう。

さらに、クラスでは、受講生が発音講座で学んだことを音読練習に反映できるよう、「発音分析の記号」の入ったスクリプトを配布しています。

「発音分析」とは、つまり、ネイティブ音声のナレーションを「強勢のある母音」「単語の連結」「子音の脱落」の観点から講師の私が分析し、色分けや下線の形で印を入れたものです。

こちらが、発音分析済みのスクリプト例です。

赤色:内容語の母音 ⇒ 大きな文字:強勢のある母音

下線:子音+母音の連結
( ):子音の脱落


Tokyo governor displeased / with Olympic marathon switch

Tokyo Governor Yuriko Koike / showed an apparent expression o(f) displeasure on Friday / over the International Olympi(c) Committees abrup(t) decision / to move the marathon an(d) race walking events next year / to the northern city o(f) Sapporo / in order to avoi(d) the extreme summer heat in the capital.

発音分析済みのスクリプトを見ながらシャドーイングやリピーティングを反復練習すれば、強弱リズム、リンキングなどの発音ルールが自然に目に入り、読むときに意識せざるを得ないからです。

音声付メルマガで配信している「英文強弱リズム」も同様に、次のように、内容語のうち強勢のある母音にのみ印を付けています。

M[o]re [e]rrors f[ou]nd in l[a]bor m[i]nistry’s w[o]rk-h[ou]r s[u]rvey


The H[ea]lth, L[a]bor and W[e]lfare M[i]nistry discl[o]sed on M[o]nday that add[i]tional irregul[a]rities were f[ou]nd among its w[o]rk-h[ou]r d[a]ta on the discr[e]tionary l[a]bor s[y]stem. The g[o]vernment has rej[e]cted oppos[i]tion c[a]lls for a r[e]do of the s[u]rvey.

「英語の音の仕組み」が完全に頭に入れば、通常の英文原稿を読むときも、無意識に「英語らしいリズム」で音読できるようになります。

その段階に達するには、ある程度の地道な数稽古をこなしてフィードバックを受けることが重要です。

ひとりで音読訓練する場合は、必ず自分の音読を録音して、ネイティブの音声と客観的に聞き比べてみましょう。

以上、リスニング学習のご参考になりましたら幸いです。

明日は、長文の発音分析を学んだ後、それをスピーキング訓練に応用していく方法などをお伝えします。

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、「スラッシュ・リピーティング「反訳トレーニング」など、7種類の通訳式トレーニングのできる非公開ページを定期的にご案内! >> 詳細はこちら