こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

Extreme weather impacts athletes at Pyeongchang Olympics

Fierce gusts wreaked havoc at the Winter Olympics in Pyeongchang earlier this week. Athletes were dealing with extreme conditions that tested even the best winter sports veterans on the planet.

Step 2 >> 重要単語と語句

extreme(形)極端な

athlete(名)競技者

fierce(形)猛烈な

gust(名)突風

wreak havoc:猛威を振るう

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ Fierce gusts wreaked havoc at the Winter Olympics in Pyeongchang earlier this week = 平昌の冬季五輪で、今週これまでに激しい突風が猛威を振るった

「冬季五輪」の英語表記は、「the Winter Olympics」または「the Winter Olympic Games」です。日本語では単に「オリンピック」で済むので忘れがちですが、「冒頭に定冠詞のtheを付けて、名詞を複数形にする」と覚えておきましょう。

「earlier this week」はよくある英語の比較表現です。必ずしも週の初めとは限らず、「今週の現時点よりも前」という意味です。例えば、現時点が土曜日なら、週半ばの水曜日も「earlier this week」です。この逆は「later this week(今週のこれより後で)」です。

◆ that tested even the best winter sports veterans on the planet = 地球上で、冬季スポーツで最高のベテランたちにさえ試練を与えた

大げさな表現ですが、いかにも英語らしいです。日本語では「世界最高の」「世界一の」といった言葉をよく使うのに対し、英語では「the best tennis player on the planet(地球上で最高のテニス選手)」のような言い回しをよく使います。

ここの英文を意訳すると、「百戦錬磨の大ベテラン選手でさえ音を上げるほど過酷な状況だった」という感じです。スキー・ジャンプの葛西選手も、後で気象条件の悪さをこぼしていましたね。

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Extreme weather impacts athletes / at Pyeongchang Olympics

Fierce gusts wreaked havoc / at the Winter Olympics in Pyeongchang / earlier this week. / Athletes were dealing / with extreme conditions / that tested / even the best winter sports veterans / on the planet.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 過酷な天候が選手らに影響、/ 平昌五輪で

激しい突風が猛威を振るった、/ 平昌の冬季五輪で、/ 今週これまでに。 / 選手たちは対処していた、/ 過酷な条件に、/ 試練を与えた、/ 冬季スポーツで最高のベテランたちにさえ、/ 地球上で。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

過酷な天候が選手らに影響、
Extreme weather impacts athletes

平昌五輪で
at Pyeongchang Olympics

—————————————————–

激しい突風が猛威を振るった、
Fierce gusts wreaked havoc

平昌の冬季五輪で、
at the Winter Olympics in Pyeongchang

今週これまでに。
earlier this week.

選手たちは対処していた、
Athletes were dealing

過酷な条件に、
with extreme conditions

試練を与えた、
that tested

冬季スポーツで最高のベテランたちにさえ、
even the best winter sports veterans

地球上で。
on the planet.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭に
すっと入ってきたらOKです。

Extreme weather impacts athletes at Pyeongchang Olympics

Fierce gusts wreaked havoc at the Winter Olympics in Pyeongchang earlier this week. Athletes were dealing with extreme conditions that tested even the best winter sports veterans on the planet.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう ~CNN Japan より~

平昌五輪、過酷な天候で混乱 選手の安全に懸念も

冬季五輪が開かれている韓国・平昌(ピョンチャン)で、ここ数日の極端な寒波と強風のため、延期になる競技が相次いでいる。選手たちの安全を懸念する声も浮上し始めた。

現地の気温は氷点下11度前後。しかし強風の影響で体感温度は氷点下26度にまで低下する。

12日には、アルペンスキーの女子大回転など複数の競技が延期になった。現地で取材するCNN記者によると、少なくともあと4日はこうした天候が続く見通しで、主催者にとって天候は大きな問題になりつつあるという。

女子大回転は15日に延期された。11日に予定されていた男子滑降も15日に延期されている。

12日に決行されたスノーボード女子スロープスタイル決勝は、スタートを遅らせた後も突風に見舞われ、横なぐりの風でコースから吹き飛ばされる選手が相次いだ。

編集後記

平昌五輪の英語ニュース、本来なら開会式や日本選手のメダル情報などを取り上げたいところでしたが、現時点で一番の話題といえば、やはり過酷な天候でしょう。

風向きや吹雪などの気象条件で4年間の努力の結果が一瞬にして左右されてしまうなんて・・・私が選手ならバカらしくてやってられません。運にめぐまれず、悔しさのあまり泣いていた選手もいましたね。

出場した選手たちが本来の実力を出し切れる環境であることが、五輪会場の大前提じゃないでしょうか。平昌という場所が本当に冬季五輪にふさわしかったのか、今さらながら疑問に思ってしまいます・・・。