こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

Ex-vice minister says documents on PM’s intent exist

A former vice minister of education told a news conference on Thursday that documents exist linking Prime Minister Shinzo Abe to the decision to approve a veterinary medicine faculty at a university run by a close friend of Abe.

Step 2 >> 重要単語と語句

minister(名)大臣

intent(名)意向

exist(動)存在する

approve(動)承認する

veterinary(形)獣医学の

faculty(名)学部

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ A former vice minister of education told a news conference on Thursday
= 文部科学省の前任の事務次官が木曜日に記者会見で語った、

「文部科学省」の英語での正式名は「(the) Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology」と表記します。名称が長いので、英語ニュースの本文では省略することが多いです。教育関連の話題であれば「the education ministry」となります。

ここでは事務次官という肩書の中で文科省が登場するため、さらに省略して「vice minister of education」としています。

「記者会見で語る」は「tell at a news conference」でもOKですが、本文のように「a news conference」を「tell」の目的語として「tell a news conference」と表現するパターンがよくみられます。

◆ documents exist linking Prime Minister Shinzo Abe to the decision
= 安倍晋三首相とその決定を関連づける文書が存在すると、

「link A to B」=「AとBに関連付ける」となり、ここでは「A= Prime Minister Shinzo Abe」「B=the decision 」です。
「Prime Minister Shinzo Abe」は「肩書+名前」でひとつの固有名詞となり、冒頭に冠詞は不要です。

◆ to approve a veterinary medicine faculty
= 獣医学部を承認するための

不定詞の「to」は前述の「the decision(その決定)」につながる形容詞的用法です。

「獣医学部」は「veterinary faculty」でも意味が通じますが、「veterinary medicine faculty」と表現する場合が多いようです。

「学部」を表す「faculty」は「school」または「department」としてもOKです。

◆ at a university run by a close friend of Abe.
= 安倍氏の親友が運営する大学での。

「university」の後に関係代名詞節「which is」を補い、「run」は受け身の過去分詞と解釈します。

「a close friend of Abe」は「安倍氏の親友のひとり」という意味合いがあります。

例)a friend of mine = 私の友達のひとり ⇒ 「ほかに何人も友達がいる」というニュアンス
my friend = 私の友達 ⇒ 「友達はひとりだけ」というニュアンス

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Ex-vice minister says / documents on PM’s intent exist

A former vice minister of education / told a news conference on Thursday / that documents exist / linking Prime Minister Shinzo Abe to the decision / to approve a veterinary medicine faculty / at a university run by a close friend of Abe.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 前任の事務次官が発言、/ 首相の意向に関する文書が存在すると

文部科学省の前任の事務次官が / 木曜日に記者会見で語った、/ 文書が存在すると、/ 安倍晋三首相とその決定を関連づける、/ 獣医学部を承認するための、/ 安倍氏の親友が運営する大学での。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生してみよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

前任の事務次官が発言、
Ex-vice minister says

首相の意向に関する文書が存在すると
documents on PM’s intent exist

—————————————————–

文部科学省の前任の事務次官が
A former vice minister of education

木曜日に記者会見で語った、
told a news conference on Thursday

文書が存在すると、
that documents exist

安倍晋三首相とその決定を関連づける、
linking Prime Minister Shinzo Abe to the decision

獣医学部を承認するための、
to approve a veterinary medicine faculty

安倍氏の親友が運営する大学での。
at a university run by a close friend of Abe.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

Ex-vice minister says documents on PM’s intent exist

A former vice minister of education told a news conference on Thursday that documents exist linking Prime Minister Shinzo Abe to the decision to approve a veterinary medicine faculty at a university run by a close friend of Abe.