日本人のインディー優勝者への人種差別的ツイートで記者が解雇に【Denver sportswriter fired over racist tweet on Japanese Indy winner】

こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Denver sportswriter fired over racist tweet on Japanese Indy winner

A Denver Post sportswriter lost his job on Monday after triggering a backlash on social media for tweeting that a Japanese driver’s victory in the Indianapolis 500 made him “uncomfortable.”

Step2:重要単語と語句

racist(形)人種差別主義の

tweet(動)ツイートする、ツイッターでつぶやく

trigger(動)引き金を引く

backlash(名)反発

Step3:ミニ解説

◆ Denver sportswriter fired over racist tweet on Japanese Indy winner = デンバーのスポーツ記者が日本人のインディー優勝者に関する人種差別的ツイートで解雇に

英文タイトルではbe動詞や冠詞が省略されることが多いため、以下のように補って読む必要があります。

(A) Denver sportswriter (was) fired over (a) racist tweet on (a) Japanese Indy winner

特に「fired」はbe動詞が省略された受動態なので、過去形と解釈しないよう注意しましょう。

◆ A Denver Post sportswriter lost his job on Monday = デンバー・ポストのスポーツ記者が月曜日に失職した

米国の新聞社「デンバー・ポスト」の英語表記は「The Denver Post」ですが、ここでの「Denver Post」は直後の名詞「sportswriter」を修飾する形容詞句です。冒頭の「A」は「sportswriter」にかかっており、「ある(デンバー・ポスト紙の)スポーツ記者」という意味です。

◆ after triggering a backlash on social media for tweeting = ツイートしたことに対してソーシャルメディアで反発を呼び起こした後

接続詞「after」の後に主語の「he」が省略されており、これを補うと「after he triggered a backlash…」となります。接続詞から始まる副詞節の主語が主文(ここでは冒頭の「A Denver Post sportswriter lost his job on Monday」)と同一のとき、副詞節の主語を省略して動詞を動名詞にする場合があります。

◆ that a Japanese driver’s victory in the Indianapolis 500 made him “uncomfortable.” = インディアナポリス500マイルでの日本人ドライバーの優勝が彼を「不愉快」にさせた(という内容)。

“uncomfortable”の部分がツイートされた文言の引用であることを示すため、クォーテーションマークで囲んでいます。

この部分の骨格だけを抜き出すと「a Japanese driver’s victory made him “uncomfortable”.(日本人ドライバーの優勝が彼を「不愉快」にさせた)」となります。

構造が複雑で長い英文のときは、このように主語・動詞・目的語・補語を取り出すとわかりやすくなります。

この文は「S(主語)= a Japanese driver’s victory」「V(動詞)= made」「O(目的語)= him」「C(補語)= “uncomfortable”」となり、SVOCの構文ですね。

the Indianapolis 500(インディアナポリス500マイル): アメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス市近郊のスピードウェイにあるインディアナポリス・モーター・スピードウェイで毎年5月に開催されるアメリカンモータースポーツイベントである。(Wikipediaより引用)

※なお、このスポーツ記者の問題のツイートは以下の通りです。

“Nothing specifically personal, but I am very uncomfortable with a Japanese driver winning the Indianapolis 500 during Memorial Day weekend,”(「特に個人的な関係はないが、メモリアルデーの週末に日本人選手がインディ500で勝ったことは、とても不快だ」)

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Denver sportswriter fired / over racist tweet on Japanese Indy winner

A Denver Post sportswriter / lost his job on Monday / after triggering a backlash on social media / for tweeting / that a Japanese driver’s victory / in the Indianapolis 500 / made him “uncomfortable.”

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

デンバーのスポーツ記者が解雇に、/ 日本人のインディー優勝者に関する人種差別的ツイートをめぐって

デンバー・ポストのスポーツ記者が / 月曜日に失職した、/ ソーシャルメディアで反発を呼び起こした後、/ ツイートしたことに対し、/ 日本人ドライバーの優勝が、/ インディアナポリス500マイルでの、/ 彼を「不愉快」にさせたと。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

デンバーのスポーツ記者が解雇に、
Denver sportswriter fired

日本人のインディー優勝者に関する人種差別的ツイートをめぐって
over racist tweet on Japanese Indy winner


デンバー・ポストのスポーツ記者が
A Denver Post sportswriter

月曜日に失職した、
lost his job on Monday

ソーシャルメディアで反発を呼び起こした後、
after triggering a backlash on social media

ツイートしたことに対し、
for tweeting

日本人ドライバーの優勝が、
that a Japanese driver’s victory

インディアナポリス500マイルでの、
in the Indianapolis 500

彼を「不愉快」にさせたと。
made him “uncomfortable.”

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Denver sportswriter fired over racist tweet on Japanese Indy winner

A Denver Post sportswriter lost his job on Monday after triggering a backlash on social media for tweeting that a Japanese driver’s victory in the Indianapolis 500 made him “uncomfortable.”

参考記事: 東洋経済オンライン

米記者の「佐藤琢磨批判ツイート」が物議 デンバー・ポスト紙は謝罪文を掲載

米国の自動車レース、第101回インディアナポリス500マイル(インディ500)で佐藤琢磨(40)が優勝したことについて、米新聞記者が批判的なツイートを投稿し、物議をかもした。

佐藤は28日の同レースで日本人初優勝を達成。これに対し、米紙デンバー・ポストのベテランスポーツ記者、テリー・フレイ氏は「個人的な批判をするつもりはないが、メモリアルデー(戦没者追悼記念日)の週末に日本人ドライバーがインディ500で優勝したことはとても不愉快」とツイートした。

しかし同氏はソーシャルメディア上の反応を受け、同日に「佐藤琢磨に謝りたい」とツイート。「第二次世界大戦での敵国のひとつ(日本)を引き合いに出したのは馬鹿げていた」と謝罪した。かつて同氏の父親が日本軍と戦ったのだという。

編集後記

インディ500に佐藤琢磨選手が優勝したという偉業を先日の報道で知った後、まさかこんな展開になるとは意外でした。今はSNSで情報が拡散する時代ですから、こういう不用意な発言は命取りですね。

「戦没者追悼記念日にはアメリカ人に優勝してほしかった」というのが記者の本音だったのでしょうが、何しろ表現がまずかったです。

このニュースは多角的な切り口からディスカッションできそうなので、私の時事英語教室の授業でも近いうちに取り上げる予定です。

では、また次回の英語ニュースでお会いしましょう。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら