天才棋士が最年少タイトル獲得【Shogi prodigy becomes youngest to win major title】

反復用:動画で通訳トレーニング

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Shogi prodigy becomes youngest to win major title

Japan’s teen sensation Sota Fujii on Thursday became the youngest professional player ever to win one of the eight major titles in the Japanese board game of shogi after beating the current title holder in a best-of-five series.

Step2:重要単語と語句

prodigy(名)神童、鬼才

sensation(名)大評判(となる物、人)

Step3:ミニ解説

◆ Shogi prodigy becomes youngest to win major title 天才棋士が最年少で主要タイトル獲得 

英文記事のタイトルでは最近の過去の出来事を現在形で表し、冠詞やBe動詞を省略する傾向があります。

通常の英文に直すと以下のようになります。(  )が変更・補足した箇所です。

(A) shogi prodigy (became) (the) youngest to win (a) major title.

◆ Japan’s teen sensation Sota Fujii 日本の10代の注目株である藤井聡太氏が

名詞「sensation」はタイトルの「prodigy(神童、鬼才)」と同様の「才能をたたえる褒め言葉」として使われています。

ただし、「sensation」は「大評判を引き起こす物・人」なので人物以外にも使用します。

◆ on Thursday became the youngest professional player ever 木曜日に史上最年少のプロ棋士となった

「ever」は「今までに、歴史上」という強調の副詞です。なくても文法的に通じます。

◆ in the Japanese board game of shogi 日本版ボードゲームの将棋で

「将棋」という日本語の意味を知らない外国人には「the Japanese board game」という説明でおおまかな意味を理解してもらえます。

前置詞「of」は同格を表し、前後の「the Japanese board game」と「shogi」がイコールで結ばれます。

◆ after beating the current title holder in a best-of-five series 五番勝負の戦いで現在のタイトル保持者を破った後、

「beating」の前に主語の「he」が省略されています。「after」や「before」の後の主語を省略すると、動詞がing形になります。

「best-of-five series」とは、5回の対戦のうち先に3勝したほうが勝ちになる、というルールです。

片方が3勝0敗になった時点で終了し、2勝2敗のタイになった場合に最大数の5回対戦することになります。

これはスポーツの短期決戦でもおこなわれる方式で、プロ野球の日本シリーズは「best-of-seven series(先に4勝したほうが優勝となる7回戦)」です。

こちらは(引き分けを除いて)片方のチームが4勝0敗になると第4戦で終了し、両チームが3勝3敗のタイになったときに第7戦まで開催されます。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Shogi prodigy becomes youngest to win major title

Japan’s teen sensation Sota Fujii / on Thursday became the youngest professional player ever / to win one of the eight major titles / in the Japanese board game of shogi / after beating the current title holder / in a best-of-five series.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

天才棋士が最年少で主要タイトル獲得

日本の10代の注目株である藤井聡太氏が、/ 木曜日に史上最年少のプロ棋士となった、/ 八大タイトルの1つを獲得した/日本版ボードゲームの将棋で、/ 現在のタイトル保持者を破った後、/ 五番勝負の戦いで。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

天才棋士が最年少で主要タイトル獲得
Shogi prodigy becomes youngest to win major title


日本の10代の注目株である藤井聡太氏が、
Japan’s teen sensation Sota Fujii

木曜日に史上最年少のプロ棋士となった、
on Thursday became the youngest professional player ever

八大タイトルの1つを獲得した、
to win one of the eight major titles

日本版ボードゲームの将棋で、
in the Japanese board game of shogi

現在のタイトル保持者を破った後、
after beating the current title holder

五番勝負の戦いで。
in a best-of-five series.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Shogi prodigy becomes youngest to win major title

Japan’s teen sensation Sota Fujii on Thursday became the youngest professional player ever to win one of the eight major titles in the Japanese board game of shogi after beating the current title holder in a best-of-five series.

参考記事:NHK News Web

藤井七段 最年少でタイトル獲得 17歳11か月 30年ぶり記録更新

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200716/k10012519331000.html

将棋の藤井聡太七段が、八大タイトルの1つ「棋聖戦」の五番勝負で渡辺明三冠を相手に3勝し、自身初のタイトル獲得を果たしました。

藤井七段は現在「17歳11か月」で、これまで「18歳6か月」だった将棋のタイトル獲得の最年少記録を30年ぶりに更新しました。

編集後記

誕生日を迎える直前に17歳で獲得した初タイトル、本当に素晴らしいですね。

藤井さんが圧倒的に強いのは、もちろん生来の頭脳と才能、日々の努力の成果だと思いますが、AIを駆使した研究が実を結んでいる気がします。

私の目には、伝統的な日本の将棋は流行りの「Eスポーツ」と共通点があるように見えます。

 

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」を好評配信中!

読者登録の特典として、「リスニングと発音を短期間で伸ばす動画付きメールセミナーを無料プレゼント! >> 登録はこちら