麻生氏の女性蔑視発言で議論勃発【Aso’s Sexist Comment Sparks Debate】

「2分で読めるやさしい英語ニュース」解説記事

自民党の麻生太郎副総裁による「時代錯誤な失言」がネット上で炎上しています。

上川陽子外相の手腕を称賛するいっぽう、年齢や容姿を揶揄(やゆ)する失礼な発言をした、というもの。

上川陽子外相の「大人の対応」に注文相次ぐ、「怒れよ」 麻生太郎氏の容姿言及に

いっぽう、それをさらっと受け流した外相に対しても、賛否両論が集まっています。

単なる推測ですが、「波風を立てないほうが安全」と判断したのかもしれません。

将来、日本初の女性首相の座を狙っているなら、麻生氏を敵に回さないほうが得策だからです。

Step1:穴埋めディクテーション

現在の英語力を語彙力・文法読解・発音力の点から客観的に測定する作業」です。英語ニュースの音声を聞き、各空欄に入る英文を正確に書き取ってください。

空欄に入る箇所は、途中で止めずに一気に聞かないと訓練の効果がありません。また、聞く回数はできれば2回以下、最大5回程度を目安にしてください。

5回聞いてわからない箇所は「今の英語力では正確に聞き取れない箇所」です。そこを自分の弱点だと理解し、解答を見て原因を分析するのが上達の近道です。

1)An LDP(   ) minister’s age and appearance.

解答を確認

An LDP (leader teased a female) minister’s age and appearance.


2)She calmly responded, ‘(   ).’

解答を確認

She calmly responded, ‘(I appreciate all voices).’


3)Their remarks (   ) .

解答を確認

Their remarks (led to mixed reactions online).

>> 答案採点のチェックポイント

▶メルマガ企画「穴埋めディクテーションQuiz」答案と成績発表

満点(リスニング回数「2回以内」の条件付)の割合と各設問の正答率
満点率 Q1の正答率 Q2の正答率 Q3の正答率
19% 44% 72% 50%
▶最優秀賞(100点):6名【答案提出者の19%が満点】

メルマガ読者の皆様、答案ご提出とコメントありがとうございました!詳細は上記リンクをクリックするとご覧になれます。

ディクテーション答案の講評

今回は事前に動画版を配信していないため、「ニュース英語の理解に必要なセンスがあるかないか」が勝負の分かれ目です。

主語・動詞・目的語・補語など、「ここを理解しないと文の意味が成立しない」という箇所を間違えた人は、語彙・文法・読解力のいずれか、または全てが足りないと思ってください。

とはいえ、「聞いた回数」を考慮しなければ答案の正答率が高く、全体的に皆さん優秀でした!

「聞き取りのポイント」は下記の「Step3:リッスン&リピート」の中の「和訳と解説」▼で詳しく解説しています。不正解箇所の原因をしっかり分析して次回につなげましょう。

Step2:重要単語と語句

音声を再生し、強勢のある母音(=大きな赤文字)を意識しながら次の手順で練習しましょう。

1.「単語の綴りと意味」を見ながら音声をリピートし、意味を確認。

2.  「単語の綴りと意味」を閉じて音声をリピートし、一時停止して意味を和訳。

【説明を表示】
単語の綴りと意味

大きな赤い文字:強勢(=アクセント)のある母音

下線:音の連結 ( ):子音の脱落  ■t,d,k,g,p,b:子音の飲み込み

sexist /ˈsɛks.ɪst/ (形)性差別主義の

tease /tiːz/(動)からかう

calmly /ˈkɑːm.li/(副)冷静に

appreciate/əˈpriː.ʃi.eɪt/(動)感謝する、評価する

Step3:リッスン&リピート

1文ずつ区切ったスロー音声を再生し、文字を見ずにリピートした後で和訳しましょう。一度で聞き取れないときは、最大3回まで音声を流し、リピートした後で和訳します。

次に「和訳と解説」を開いて英文と意味を確認し、間違っていた箇所がないか確認してください。発音が苦手な箇所は何度もリピート練習しましょう。

英文テキスト/和訳と解説

Sexist Comment Sparks Debate(女性蔑視発言で議論勃発)

発音ルールに気をつけて音読しよう!

大きな赤い文字:強勢(=アクセント)のある母音

下線:音の連結 ( ):子音の脱落  ■t,d,k,g,p,b:子音の飲み込み

Sexist Comment Sparks Debate

英文記事のタイトルでは直近の過去の出来事を現在形や現在完了形で表し、冠詞やbe動詞が省略される傾向があります。

また、短い単語を使用し、説明自体も簡略化されます。


英文テキスト/和訳と解説

An LDP leader teased a female minister’s age and appearance.(自民党の幹部が女性大臣の年齢と容姿をからかった。)

発音ルールに気をつけて音読しよう!

大きな赤い文字:強勢(=アクセント)のある母音

下線:音の連結 ( ):子音の脱落  ■t,d,k,g,p,b:子音の飲み込み

An LDP leader teased a female minister’s age and appearance.

ディクテーション設問1の答案添削)

teased a female minister’s age:tease(からかう)」を知らずに書けなかった人は、これを機会に覚えてください。知らない単語は聞き取れません。

a female」の冠詞を「the female」にした人は、「この英語ニュースの本文で初めて登場する大臣」という状況を考えましょう。

「このニュースが世間で広く知られているかどうか」は関係ありません。「世の中に複数存在するモノに初めて言及するときの冠詞は “a/an” 」と理解してください。

foreign minister(外務大臣)」であれば、該当者がひとりなので初登場でも「the」になりますが、「minister(大臣)」は複数存在します。

このため、いきなり「その大臣」と特定すると、(どの大臣?)と意味不明になります。


英文テキスト/和訳と解説

She calmly responded, ‘I appreciate all voices.’(彼女は「あらゆる声をありがたく受け止めている」と冷静に対応した。)

発音ルールに気をつけて音読しよう!

大きな赤い文字:強勢(=アクセント)のある母音

下線:音の連結 ( ):子音の脱落  ■t,d,k,g,p,b:子音の飲み込み

She calmly responded, ‘I appreciate all voices.’

ディクテーション設問2の答案添削)

▶  appreciate(感謝する):この部分は上川大臣の「感謝しています」という発言を現在形で引用しています。

appreciated」という過去形ではないので注意しましょう。

英文テキスト/和訳と解説

Their remarks led to mixed reactions online.(両者の発言はネット上で賛否両論を引き起こした。)

発音ルールに気をつけて音読しよう!

大きな赤い文字:強勢(=アクセント)のある母音

下線:音の連結 ( ):子音の脱落  ■t,d,k,g,p,b:子音の飲み込み

Their remarks led to mixed reactions online.

ディクテーション設問3の答案添削)

▶ led to mixed reactions online(ネット上で賛否両論を引き起こした) :led to」は「lead to A(Aという結果につながる)」の過去形です。

led」を「let」と書いた人は、上記の意味を理解していない可能性が高く、語彙不足です。

mixed reactions」は「世間の人々の意見が分かれ、賛否両論がある」ときの定番表現です。無冠詞・複数で使うのが通常です。

mixed」を「next」にすると意味不明な文になります。「mixed reactions」で覚えましょう。

また、ネット接続している状態を表す「online」を「on line」と分けて綴ることは、現代英語ではほとんどありません。

Step4:サイトトランスレーション

スラッシュで区切った英文を日本語に訳します。後ろから返り読みせず、英語の語順のまま読み進めてください

この訳し方を「サイト・トランスレーション」といいます。英語の語順のまま理解する習慣がつくと、英文を読むスピードが格段に速くなります。

まず自分で訳してから、下の和訳例と比べてみましょう

英文を確認

Sexist Comment Sparks Debate

An LDP leader teased / a female minister’s age and appearance./ She calmly responded, / ‘I appreciate / all voices.’/ Their remarks led to / mixed reactions online.

和訳例を確認

女性蔑視発言で議論勃発

自民党の幹部がからかった、/ 女性大臣の年齢と容姿を。/ 彼女は冷静に対応した、/「私はありがたく受け止めている、/ あらゆる声を」と。/ 両者の発言は引き起こした、/ ネット上で賛否両論を。

Step5: 反訳トレーニング

上の「和訳例」を見て、スラッシュの区切りごとに英訳していく中上級者向けの訓練です。ひと通り英訳したら、上の英文テキストを開いて確認してください。

※「リッスン&リピート」をスラスラできるようになってからやりましょう。

Step6:オーバーラッピング&シャドーイング

音声を聴いて発音と強弱を確認した後、今度は自分の声をかぶせてオーバーラッピングします。

次に、音声を1,2語遅れで追いかけるシャドーイングに挑戦しましょう。最初は文字を見て、次に見ない状態で練習してください。

速度は「ややスロー」を使用し、余裕があれば「ナチュラル」も活用しましょう。

【速度:ややスロー】↑


【速度:ナチュラル】↑


英文テキストを確認

Sexist Comment Sparks Debate

An LDP leader teased a female minister’s age and appearance. She calmly responded, ‘I appreciate all voices.’ Their remarks led to mixed reactions online.

Step7: 高速リスニング

余力があれば、最後にテキストを見ない状態で高速スピードのリスニングで仕上げましょう。速いスピードの海外ニュースに耳を慣らしていく効果があります。

このTopicの補足情報

麻生副総裁の上川外相への容姿発言で蘇る、医学部時代の男女差…「気にしていません」の真意

このネット記事の3ページ目に以下の記述があり、これは私自身の見解と一致しています。

今回、上川外相が「私は気にしていません」と発言しました。国を代表する立場にある外務大臣の発言であることから、この「気にしていません」という発言に対して大きな批判がありました。日本のジェンダーギャップを考えるならば批判をしたほうがよかったのではないか、という声も上がりました。また、「上川外相本人が気にしていないならいいじゃないか」と麻生氏の発言を擁護する声も多く上がりました。

でも、考えてみてください。「美しくないおばさん」と言われてまったく気にならない人はなかなか存在しないと思うのです。「あまりにバカバカしい発言すぎて気にする必要もない」「彼女は賢く理性的だから怒らなかった」という意見もありますが、本当にそれだけなのでしょうか。彼女が生きる世界では、「気にしています」と言っては、外相のポジションが回ってこなかったのだろう、これからも「俺たち」に囲まれて職務をこなすためには、「そうするしかなかった」状況にあったことが容易に想像できます。

上川大臣の「気にしてません」という発言を文字通りに受け取って「本人が気にしてないなら良い」と解釈するのは、あまりに短絡的で感受性が乏しいのでは?

また、「人の容姿や年齢を公の場で揶揄する行為」自体が無神経で幼稚であることも、良識ある社会人なら容易に理解できるはずです。

「あれが麻生さん流の褒め方」などと擁護するのも時代遅れで見当外れだと思います。「ボーイズクラブ」なんていう都合のいい言葉は、現代の国際社会では通用しません。

Follow me!

【中級レベルを今度こそ脱却したいあなたへ!】

英語ニュースを正確にリスニングしたい方、中級から上級へ確実にレベルアップしたい方、メルマガの「穴埋めリスニングQuiz企画」に無料で参加しませんか。

ディクテーションとは、「英文を見ずに音声を聞いて、正確に書き取る訓練方法」です。

火曜15時の〆切までにQuiz答案を提出した方を対象に無料採点をおこない、不正解箇所から、リスニングや語彙・文法などの弱点を特定します!

穴埋めリスニングのディクテーション企画