自民党総裁選が火蓋【LDP leadership race kicks off】

反復用:動画で通訳トレーニング

Coming soon…

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

LDP leadership race kicks off

Multiple contenders including former foreign minister Fumio Kishida are gearing up for the Liberal Democratic Party’s leadership election after Prime Minister Yoshihide Suga’s abrupt decision to withdraw from the race.

Step2:重要単語と語句

multiple(形) 多様な

contender(名) 候補者

gear(動)ギアを入れる、かみ合わせる

gear up for:〜の準備をする

abrupt(形)突然の

Step3:ミニ解説

◆ LDP leadership race kicks off 自民党総裁選が火蓋

英文記事のタイトルでは直近の過去の出来事を現在形で表し、冠詞やBe動詞を省略する傾向があります。

通常の英文に直すと以下のようになります。(  )が変更・補足した箇所です。

    (The) LDP leadership race kick(ed) off.

LDPは本文中に登場する「Liberal Democratic Party(自由民主党)」の頭文字を取った略語です。

「LDP leadership race」は「自民党のリーダーを決める選挙」つまり総裁選ですね。

ちなみに自民党のリーダーは「総裁」と呼びますが、この名称は各政党によって異なります。

例)公明党、立憲民主党は「代表」、共産党は「委員長」と呼びます。

◆ Multiple contenders including former foreign minister Fumio Kishida 岸田文雄元外務大臣を含む複数の候補者が

10日午後時点で正式に出馬表明をしたのは岸田氏、高市前総務大臣、河野規制改革担当大臣のようですが、野田幹事長代行、石破元幹事長の名前も上がっています。

出馬を検討中の人を含め、これらの数人の候補者をまとめて「Multiple contenders」と表現しています。

◆ are gearing up for the Liberal Democratic Party’s leadership election 自民党の総裁選挙に備えている

「与党の」を表す「ruling」または「governing」を入れて「the [ruling / governing] Liberal Democratic Party’s leadership election」としてもOKです。

自民党の総裁は「president」なので、「leadership election(総裁選)」を「presidential election」と表現することもあります。

◆ after Prime Minister Yoshihide Suga’s abrupt decision 菅義偉首相の突然の決断を受けて

ここでは「abrupt」を「sudden」に、「 decision」に「announcement」に置き換えることもできます。

菅総理大臣が3日、「コロナ対策に専念するため自民党総裁選に立候補しない」と同党の臨時役員会で表明したことを示しています。

◆ to withdraw from the race 出馬しないという

当初、自民党総裁として続投すると思われていたため「withdraw from A = ~から撤退・離脱する」という表現を使用しています。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

LDP leadership race kicks off

Multiple contenders / including former foreign minister Fumio Kishida / are gearing up for the Liberal Democratic Party’s leadership election / after Prime Minister Yoshihide Suga’s abrupt decision / to withdraw from the race.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

自民党総裁選が火蓋

複数の候補者が、/ 岸田文雄元外務大臣を含む、/ 自民党の総裁選挙に備えている、 / 菅義偉首相の突然の決断を受けて、/ 出馬しないという。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

自民党総裁選が火蓋
LDP leadership race kicks off


複数の候補者が、
Multiple contenders

岸田文雄元外務大臣を含む、
including former foreign minister Fumio Kishida

自民党の総裁選挙に備えている、
are gearing up for the Liberal Democratic Party’s leadership election

菅義偉首相の突然の決断を受けて、
after Prime Minister Yoshihide Suga’s abrupt decision

出馬しないという。
to withdraw from the race.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

LDP leadership race kicks off

Multiple contenders including former foreign minister Fumio Kishida are gearing up for the Liberal Democratic Party’s leadership election after Prime Minister Yoshihide Suga’s abrupt decision to withdraw from the race.

参考:自民党総裁選 派閥の多くは構図見極める状況続く  NHK News Web

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210909/k10013250671000.html

菅総理大臣の後継を選ぶ自民党総裁選挙は、岸田前政務調査会長に続いて8日、高市前総務大臣が立候補を表明しました。

一方、河野規制改革担当大臣は立候補に向け所属する麻生派の理解を得たいとして詰めの調整を進めていて、党内の派閥の多くは選挙の構図を見極める状況が続いています。

編集後記

コロナ渦の大変な時期に国の舵取りを任された菅総理。他の人だったらもっとうまくやっていたかどうか、それはわかりませんね。

ただ、やはり菅氏は「安倍政権を支え続けた官房長官時代」のほうがずっと評価が高かった気がします。

約1年前、総理大臣への就任が決まったときに「菅さんには菅さんがいない」=「安倍前首相を支えた菅官房長官にあたる補佐がいない」と懸念されていたのが当たってしまった感じでしょうか。

心配なのは、かつてのように「日本の首相が毎年入れ替わる回転ドアみたいな状況」に戻ってしまったら困るなあ、ということ。

来年の今頃、またもや自民党総裁選の話が出ていなければいいのですが。

Follow me!

メルマガ読者限定のディクテーション無料企画を好評実施中!

>> 詳細はこちら