京都アニメ放火の容疑者が恨みを持っていたと報道【Kyoto anime arson suspect reportedly has grudge】

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Kyoto anime arson suspect reportedly has grudge

Thursday’s arson attack on an animation studio in Kyoto, renowned for its high-quality works, sent shock waves across the world. The 41-year-old suspect, who is being treated in hospital for severe burns, told police that his novel was stolen.

Step2:重要単語と語句

arson(名)放火

suspect(名)容疑者

reportedly(副)報道によると

grudge(名)恨み

animation(名)アニメーション

renowned(形)名高い

Step3:ミニ解説

◆ Kyoto anime arson suspect reportedly has grudge  京都アニメ放火の容疑者が恨みを持っていたと報道

英文記事のタイトルでは直近の過去の出来事を現在形で表し、冠詞やBe動詞を省略する傾向があります。

通常の英文に直すと以下のようになります。(  )が変更・補足した箇所です。

(The) Kyoto anime arson suspect reportedly ha(d) (a) grudge.

「anime」は和製英語の「アニメ」から派生した英単語で、「日本製のアニメ」を表す名詞です。

◆ Thursday’s arson attack on an animation studio in Kyoto  京都のアニメーション・スタジオに対する木曜日の放火事件は

「arson attack」は直訳すると「放火攻撃」ですが、日本語としては「放火事件」のほうが定着しているため意訳しています。

「an attack on A」=「Aに対する攻撃」となり、Aには標的となる名詞が入ります。「on」の代わりに「at」を使用してもOKです。

◆ renowned for its high-quality works  その高品質な作品で名高い

直前に「which is(関係代名詞の主格 + be動詞)」を補い、この部分を関係代名詞節と解釈します。

「which」の先行詞は「an animation studio in Kyoto」です。

◆ sent shock waves across the world  世界中に衝撃を与えた

「send shock waves across A」=「Aの至る所で衝撃を与える」となり、Aには場所を表す名詞が入ります。

前置詞「across」を「throughout」に置き換えることもできます。

◆ The 41-year-old suspect  41歳の容疑者は

放火事件の容疑者は既に特定されているため、この英文記事の流れに沿って定冠詞「the」を用いています。

ただし、次のように事件の流れを描写する場合は不定冠詞「a」のほうが自然です。

例) A 41-year-old man set a studio in Kyoto on fire.   ある41歳の男が京都のスタジオに放火した。

◆ , who is being treated in hospital for severe burns,   重度のやけどのため病院で治療中であるが、

容疑者について補足説明した関係代名詞節です。

受動態の進行形は「is being treated」のように「be動詞 + 進行形のing + 過去分詞」となることに注意しましょう。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Kyoto anime arson suspect / reportedly has grudge

Thursday’s arson attack / on an animation studio in Kyoto, / renowned for its high-quality works, / sent shock waves across the world. / The 41-year-old suspect, / who is being treated in hospital for severe burns, / told police that his novel was stolen.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

京都アニメ放火の容疑者が / 恨みを持っていたと報道

木曜日の放火事件は / 京都のアニメーション・スタジオに対する、/ その高品質な作品で名高い、/ 世界中に衝撃を与えた。 / 41歳の容疑者は、/ 重度のやけどのため病院で治療中であるが、/ 彼の小説が盗まれたと警察に話した。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

京都アニメ放火の容疑者が
Kyoto anime arson suspect

恨みを持っていたと報道
reportedly has grudge


木曜日の放火事件は、
Thursday’s arson attack

京都のアニメーション・スタジオに対する、
on an animation studio in Kyoto,

その高品質な作品で名高い、
renowned for its high-quality works,

世界中に衝撃を与えた。
sent shock waves across the world.

41歳の容疑者は、
The 41-year-old suspect,

重度のやけどのため病院で治療中であるが、
who is being treated in hospital for severe burns,

彼の小説が盗まれたと警察に話した。
told police that his novel was stolen.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Kyoto anime arson suspect reportedly has grudge

Thursday’s arson attack on an animation studio in Kyoto, renowned for its high-quality works, sent shock waves across the world. The 41-year-old suspect, who is being treated in hospital for severe burns, told police that his novel was stolen.

参考記事:FNN.jpプライムオンライン

41歳男を大阪の病院に移送 京都34人死亡放火

京都のアニメ制作会社で34人が死亡した放火殺人事件で、警察は、20日も現場検証を続けている。

一方、確保された41歳の男が、高度な治療のため、大阪府内の病院に移送された。

20日も、朝から警察や消防などによる現場検証が続けられていて、会社の社長も立ち会っていた。

警察は、事件直後に現場近くで確保した、職業不詳の青葉真司容疑者(41)を、20日午前、より高度な治療が受けられる大阪府内の病院にドクターヘリで移送した。

編集後記

私がこの放火事件を知ったのは、ケーブルテレビでCNNニュースを観ていたときでした。

画面の下にテロップで速報が流れ、「京都で放火があった?どこかな」と怪訝に思いましたが、まさかこんな大惨事になるとは!

現場のスタジオは幼い頃からなじみのある京阪沿線なので、いっそう衝撃が大きいです。

海外では、「ノートルダム大聖堂の火災を想起させるもの」として大々的に報じられているとのこと。

建物の構造にも問題があったようで、若い女性が多数逃げ遅れて犠牲になったのは痛ましい限りです。

犯人の男が「自分の小説を盗まれた」と訴えているのは、おそらく妄想ではないでしょうか。

こういう理不尽な単独テロを防ぐ対策がそろそろ日本でも必要ですね。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、「スラッシュ・リピーティング「反訳トレーニング」など、7種類の通訳式トレーニングのできる非公開ページを定期的にご案内! >> 詳細はこちら