日本が宇宙探査機はやぶさ2を打ち上げ【Japan launches Hayabusa 2 space probe】

News-Mic-iPhone-icon-64こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Japan launches Hayabusa 2 space probe

Japan’s space agency successfully launched a rocket carrying the Hayabusa 2 probe on Wednesday on a mission to travel to a distant asteroid to collect surface samples.

Step2:重要単語と語句

launch(動詞):打ち上げる
probe(名詞):探査機

asteroid(名詞):小惑星

Step3:ミニ解説

◆ successfully launched a rocket carrying the Hayabusa 2 probe = 探査機はやぶさ2を搭載したロケットの打ち上げに成功した

動詞「launch」には今回のように「ロケットを打ち上げる」という意味のほか、物事を勢いよく開始する、という意味もあります。

例)The company launched a project. その会社はプロジェクトを開始した。

「Hayabusa 2」は形容詞句として直後の名詞「probe」を修飾しており、直訳すると「はやぶさ2という探査機」となります。

◆ on a mission to travel to a distant asteroid to collect surface samples = 遠く離れた小惑星へ向かい、地表のサンプルを採取する使命で

この部分は「to」が何度も出てきますので、整理しておきます。

*a mission to travel= 向かうという使命:「to」は不定詞の形容的用法です。名詞「mission」を修飾しています。

*to a distant asteroid = 遠く離れた小惑星に:「to」は方向を表す前置詞です。ここでは小惑星が目的地を示しています。

*to collect surface samples= 地表サンプルを採取するために:「to」は不定詞の副詞的用法です。小惑星へ向かう目的を表しています。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Japan launches / Hayabusa 2 space probe

Japan’s space agency / successfully launched a rocket / carrying / the Hayabusa 2 probe / on Wednesday / on a mission to travel / to a distant asteroid / to collect surface samples.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

日本が打ち上げ、/ 宇宙探査機はやぶさ2を

日本の宇宙局が / ロケット発射に成功した、/ 搭載して、/ 探査機はやぶさ2を、/ 水曜日、/ 飛行する任務を負って、/ 遠く離れた小惑星へ、/ 地表サンプルを採取するために。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!
日本が打ち上げ、
Japan launches

宇宙探査機はやぶさ2を
Hayabusa 2 space probe


日本の宇宙局が
Japan’s space agency

ロケット発射に成功した、
successfully launched a rocket

搭載して、
carrying

探査機はやぶさ2を、
the Hayabusa 2 probe

水曜日、
on Wednesday

飛行する任務を負って、
on a mission to travel

遠く離れた小惑星へ、
to a distant asteroid

地表サンプルを採取するために。
to collect surface samples.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Japan launches Hayabusa 2 space probe

Japan’s space agency successfully launched a rocket carrying the Hayabusa 2 probe on Wednesday on a mission to travel to a distant asteroid to collect surface samples.

参考記事:産経ニュース

はやぶさ2、打ち上げ

小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機が3日午後1時22分4秒、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。

順調に行けば、探査機は午後3時過ぎに予定の軌道に投入される。

小惑星の地下の物質を初めて採取し地球に持ち帰る計画で、生命の起源に迫る成果が期待される。平成32年末の帰還を目指す。

はやぶさ2は、小惑星の物質を初めて採取し4年前に帰還した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「はやぶさ」の後継機。

今回は有機物や水が存在するとみられる別の小惑星「1999JU3」に向かう。

編集後記

数年前、「探査機はやぶさ」のけなげな活躍に日本じゅうが沸き立ったのをなつかしく思い出します。幾多の苦難を乗り越えて、任務を無事に終えたんでしたね・・・。

今回の「はやぶさ2」は打ち上げが2度延期になったとのこと。けっこう天候に左右されるようです。

テレビニュースで、その瞬間を見届けようと大阪から駆け付けた人が取材に応じていました。その熱心さには全く頭が下がります。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、「スラッシュ・リピーティング」「反訳トレーニング」など、合計6種類の通訳訓練ができる非公開の音声付ページを毎週ご案内! >> 詳細はこちら