「ブラック・ウィドウ」のプランターに青酸化合物【Cyanide found in “Black Widow” pot plants】

Mimetypes-message-news-icon-64こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Cyanide found in “Black Widow” pot plants

Japanese police investigating a 68-year-old woman suspected of killing six partners have found traces of cyanide in soil from her pot plants.

Step2:重要単語と語句

cyanide(名詞):青酸化合物
pot plant:鉢植え植物

investigate(動詞):捜査する
trace(名詞):痕跡

Step3:ミニ解説

◆ a 68-year-old woman suspected of killing six partners  = 交際相手6人を殺害した容疑をかけられている68歳の女

「68-year-old」は直後の名詞「woman」を修飾する形容詞句です。「year」の部分が単数形になることにご注意。

「woman」の後に関係代名詞節「who is」を補い、「suspected」は受け身の過去分詞と解釈します。

動詞「suspect」と「doubt」はいずれも「疑う」ですが、意味が逆になるので混同しないようにしましょう。

「suspect」=肯定的に疑う ⇒ 「think」に置き換えられます。
「doubt」=否定的に疑う ⇒ 「don’t think」に置き換えられます。

例)I suspect that he stole the ring.  私は彼がその指輪を盗んだのではないか、と疑っている。
I doubt that he stole the ring.  私には彼がその指輪を盗んだとは思えない。

◆ Japanese police …have found traces of cyanide in soil from her pot plants  = 日本の警察は彼女の微量の青酸化合物を彼女の鉢植え植物の土から発見した

名詞「police」は警察組織を表すため、複数扱いのため動詞が「have found 」となっています。現時点で発見済み、というニュアンスで現在完了形を用いています。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Cyanide found / in “Black Widow” pot plants

Japanese police / investigating / a 68-year-old woman / suspected of / killing six partners / have found / traces of cyanide / in soil / from her pot plants.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認
  青酸化合物を発見、/ 「ブラック・ウィドウ」の鉢植え植物に

日本の警察が、/ 捜査中の、/ 68歳の女を、/ 容疑をかけられた、/ 交際相手6人を殺害したという、/ 発見していた、/ 微量の青酸化合物を、/ 土の中に、/ 彼女の鉢植え植物から採取した。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!
青酸化合物を発見、
Cyanide found

「ブラック・ウィドウ」の鉢植え植物に
in “Black Widow” pot plants


日本の警察が、
Japanese police

捜査中の、
investigating

68歳の女を、
a 68-year-old woman

容疑をかけられた、
suspected of

交際相手6人を殺害したという、
killing six partners

発見していた、
have found

微量の青酸化合物を、
traces of cyanide

土の中に、
in soil

彼女の鉢植え植物から採取した。
from her pot plants.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Cyanide found in “Black Widow” pot plants

Japanese police investigating a 68-year-old woman suspected of killing six partners have found traces of cyanide in soil from her pot plants.

参考記事:毎日jp

青酸連続変死:園芸用プランターから青酸化合物

◇千佐子容疑者「絶対に殺していません」と容疑否認

京都府向日(むこう)市の自宅で昨年12月、無職の筧(かけひ)勇夫さん(当時75歳)が青酸化合物で殺害された事件で、妻千佐子(ちさこ)容疑者(68)が勇夫さんの死後に処分した園芸用プランターから青酸化合物が見つかっていたことが捜査関係者への取材で分かった。

府警は、千佐子容疑者が証拠隠滅を図った可能性もあるとみて調べる。千佐子容疑者は「絶対に殺していません」と容疑を否認しているという。

編集後記

今回取り上げた千佐子容疑者の事件、英文メディアでは”Black Widow”というフレーズがしきりに使われていました。

日本語の記事を検索すると、この言葉がそのまま使われている例はほとんどなく、むしろ「後妻業」事件として報道されています。

まだ捜査段階ですが、疑わしい言動を次々と耳にするにつれて恐ろしく感じます。

独身のシニア世代で再婚を望む人の男女比を比べると、男性が圧倒的に多いそうですね。主な理由は「妻に先立たれ、家事をしてくれる人がいないと生活が不便だから」。

いっぽうの女性は、経済的な不安がなければ再婚にそれほどこだわりがないようです。

あくまで全般的な傾向とはいえ、なんとなく今回の事件の背景として理解できる気がします。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら