肝臓手術の死亡で群馬の病院を糾弾【Gunma hospital accused of liver surgery deaths】

News-icon3-48こんにちは! やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

hospital-icon96Gunma hospital accused of liver surgery deaths

Following the deaths of patients after liver surgery at Gunma University Hospital, lawyers for bereaved families said on Friday that they may lodge a criminal complaint against the operating surgeon.

Step2:重要単語と語句

liver(名詞):肝臓
bereaved family:遺族

lodge(動詞):申し立てる

Step3:ミニ解説

◆ Following the deaths of patients after liver surgery = 肝臓手術の後で患者たちが死亡したことを受けて

肝臓手術の種類は正確には「laparoscopic surgery(腹腔鏡手術)」ですが、単語がやや難しいため、ここでは単に「liver surgery」としています。

何人もの患者が死亡したので「the deaths of patients」と複数形で表記しています。また、ここでは「surgery(手術)」を不可算名詞として単数形で表しています。

◆ they may lodge a criminal complaint against the operating surgeon = 彼らは執刀医を刑事告発する可能性がある

主語の「they」は「lawyers for bereaved families」です。

訴えを起こすかどうかを検討中なので助動詞が「may」となっていますが、その方針が固まったら「will(~のつもりだ)」を使用します。

問題となった手術はいずれも同じ医師が担当したことから、「the operating surgeon(その執刀医)」と単数で表しています。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Gunma hospital accused / of liver surgery deaths

Following the deaths of patients / after liver surgery / at Gunma University Hospital, / lawyers for bereaved families / said on Friday / that they may lodge / a criminal complaint / against the operating surgeon.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

群馬の病院を糾弾、/ 肝臓手術の死亡で

患者らの死亡を受けて、/ 肝臓手術後の、/ 群馬大病院での、/ 遺族の弁護団は / 金曜日に述べた、/ 起こす可能性があると、/ 刑事告発を、/ 執刀医に対して。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

群馬の病院を糾弾、
Gunma hospital accused

肝臓手術の死亡で
of liver surgery deaths


患者らの死亡を受けて、
Following the deaths of patients

肝臓手術後の、
after liver surgery

群馬大病院での、
at Gunma University Hospital,

遺族の弁護団は
lawyers for bereaved families

金曜日に述べた、
said on Friday

起こす可能性があると、
that they may lodge

刑事告発を、
a criminal complaint

執刀医に対して。
against the operating surgeon.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

hospital-icon96Gunma hospital accused of liver surgery deaths

Following the deaths of patients after liver surgery at Gunma University Hospital, lawyers for bereaved families said on Friday that they may lodge a criminal complaint against the operating surgeon.

参考記事:毎日jp

群馬大病院:腹腔鏡手術の遺族弁護団…悪質な医療過誤指摘

群馬大医学部付属病院(前橋市)の40代男性医師による腹腔(ふくくう)鏡手術で8人が死亡した問題で、2遺族の弁護団が6日、記者会見し「重大で悪質な医療過誤。病院の最終報告書は検証が不十分だ」と批判した。

開腹手術で死亡した患者が良性の腫瘍だったと判明したのに遺族に伝えず、生命保険の診断書に「がん」と虚偽記載した問題については「虚偽有印公文書作成罪に該当するような行為だ」と指摘。

刑事処分や医師免許取り消しなどが検討されるべきだと主張した。

編集後記

群馬大病院の腹腔鏡手術をめぐる医療過誤は経緯を知るほどに恐ろしくなります。この執刀医のみならず、隠ぺい体質の組織内部が腐敗しているのではないでしょうか。

またもやアメリカの犯罪捜査ドラマを思い出してしまいます。ドラマに登場する犯罪者の中には高名な医師や大学教授、弁護士がいて、自らの地位への異常な執着心と金銭欲のために患者や学生、顧客の運命を弄ぶという設定です。

(さすがにこんな”人でなし”は現実世界にはおらんやろ)と思いたくなるのですが、ドラマの筋書きは実在の事件がもとになっている例も多いらしくてぞっとします。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら