70歳までの就業への賛否【Dictation#75】

今回のディクテーション課題は、「70歳までの就業制度」に関する通訳式やさしい英語ニュースが出典です。

このTopicに関する皆さまの賛否のご意見を、動画内で先着順に紹介しています。

英語ニュースの穴埋めディクテーション・クイズ

「通訳式やさしい英語ニュース」のディクテーション・クイズに挑戦して、リスニング力を客観的に測定しましょう!

次の英文の音声を耳で聞こえた通りに書き取り、答案を自己採点してください。

メルマガから答案を提出くださった方は、下記の解説動画をごらんください↓↓↓


One quarter of firms in Japan let employees work until 70

After a 2021 amendment, the Elderly Employment Stabilization Law (   ) to employ workers until age 70, (   ) Japan’s dwindling workforce. (   ) until age 65, but 25 percent of employers are complying by re-employing retirees or (   ).

解答を確認

One quarter of firms in Japan let employees work until 70

After a 2021 amendment, the Elderly Employment Stabilization Law (calls on companies to make efforts) to employ workers until age 70, (with the goal of shoring up) Japan’s dwindling workforce. (Efforts are only mandatory) until age 65, but 25 percent of employers are complying by re-employing retirees or (abolishing retirement ages).

答案採点のチェックポイント

ディクテーション答案を採点し、間違いがあれば原因を分析しましょう。

1.単語や表現を知らなかった。▶ 新たな単語と表現を覚え、語彙を増やす

2.文法と英文構造を理解できなかった。▶ 文法を復習し、英文読解力を養う

3.読めば理解できる英文を聴き取れなかった。⇒ 発音分析で強弱リズムやルールを確認する

ディクテーション答案の添削

設問1)の解答と答案添削

答案事例

答案の正解)calls on companies to make efforts(企業に努力を呼びかける)

不正解事例)causes on companies to make efforts

▶ calls on A[名詞] to B[動詞の原形]ABを呼びかける

設問2)の解答と答案添削

答案事例

答案の正解)with the goal of shoring up(補うことを目的として)

不正解事例)with the goal of showing up

▶ shore up(補う)

設問3)の解答と答案添削

答案事例

答案の正解)Efforts are only mandatory(取り組みは、限定的な義務である)

不正解事例)efforts are only a mandatory

▶ mandatory(形容詞):冠詞は付かない

設問4)の解答と答案添削

答案事例

答案の正解)abolishing retirement ages(定年を廃止すること)

不正解事例)abolishing the retirement ages

retirement ages:特定の年齢を指していない

英語ニュースのディクテーション・クイズ:解説動画

ご提出くださったメルマガ読者の皆さまへ

動画内での答案添削とメッセージご紹介は、時間の制約上、先着順といたしました。

答案スプレッドシートへのリンクを貼りましたので、ご自身の成績をぜひ見直してください。


今回の答案の集計結果

❏ 提出者:37名

❏ 最優秀賞:4名

❏ 優秀賞:20名

最優秀賞、優秀賞の皆さま、おめでとうございます!今回も多数のご提出ありがとうございました。

答案の分析が済んだら、ネイティブ音声を完全にコピーするつもりで音読を反復してくださいね。

得点そのものよりも、どこを間違えたのかを冷静に分析して弱点を補強するのが大事です。

今回の結果を、次回のディクテーション課題にぜひ生かしてください。

英語は科学であり、音楽である」というのが私の考えです。

“通じる発音と聴き取れる耳” – この2つを手に入れるために、トレーニングを一緒に続けていきましょう!

【クイズ答案の自己分析をやってみよう!】

ディクーション答案を提出した皆さん、後できちんと分析していますか?

動画解説を「受け身の姿勢でなんとなく見る」だけでは、たいした力はつきません。

「聴く力」を本気で伸ばしたいなら、自分の弱点を主体的に把握し、対策を錬る必要があります。

↑上記3つの観点から答案を分析し、コメント欄に投稿してください。

コメント投稿について

コメントは承認制のため、すぐには反映されませんが後ほど公開します。内容が重複しないよう、送信は1回だけにしてください。

メルアドとサイト欄は空白でもOKです。お名前欄にニックネームを入れてください。

メルマガ2分で読めるやさしい英語ニュースディクテーションQuiz

>> 詳細はこちら

2 thoughts on “70歳までの就業への賛否【Dictation#75】

  1. Yulka より:

    いつもありがとうございます!

    設問・2の shore up 「補う」は難易度が高かったです。

    with the goal of showing up Japan’s dwindling workforce では何となく意味が通らないと感じていましたが、聞こえたまま回答してしまいました。(他の箇所に気を取られていたこともあります)

    今後は、さらに文章の意味をよく理解して回答していきたいです。

    次回もどうぞよろしくお願いいたします!

  2. ともへび より:

    不正解箇所振り返りです。

    設問②
    回答:with the goal of showing up
    正解:with the goal of shoring up
    → 語彙不足!shore up 「補う」

この投稿はコメントできません。