英文で読む【エリザベス女王の死去】


英国のエリザベス女王が9月8日、スコットランドのバルモラル城で亡くなりました。96歳でした。

2月に即位70年を迎えた女王は、存命の国家元首として在位期間が世界で最長でした。

今週のディクテーション課題は、この話題についての英文記事「Queen Elizabeth II, a monarch bound by duty, dies at 96」を土台に作成しました。

使われている語彙や表現を学び、ディクテーション課題に取り組む際の参考にしてくださいね。

英文記事で読み解く「エリザベス女王の死去」

取り上げる「THE ASSOCIATED PRESS」の英文記事はこちらです。

Queen Elizabeth II, a monarch bound by duty, dies at 96: THE ASSOCIATED PRESS (September 9, 2022)

こちらは、同じテーマを扱った和文記事です。

※一定期間を過ぎると、記事が削除されている場合があるのでご了承ください。

今回の学習コラムでは、英文記事から一部の段落を抜粋しました。

英文読解の参考となるよう「和訳例」「語句の解釈」「ミニ解説」を入れています。

また、和訳は、英語の流れに沿って訳す「サイト・トランスレーション」形式にしました。

では、英文記事を順に読み解いていきましょう。

エリザベス女王が96歳で死去

The longest-reigning monarch /  that Britain has ever known, / Elizabeth died Thursday at 96 / at Balmoral Castle, / her beloved summer home / in Scotland, / after having steadied and modernized / the royal institution / through seven decades of huge social change :「THE ASSOCIATED PRESS」 より

和訳例)統治期間が最長の君主、/ 英国で知られる限りの、/ エリザベス女王が96歳で死去した、/ バルモラル城で、/ 彼女が愛した別荘である、/ スコットランドの、/ 安定させ、近代化した後、/ 英国王室を、/ 70年間の大きな社会変動の中で。

語句の注釈

reign(動)君臨する、beloved(形)最愛の、steady(動)安定させる

※ Balmoral Castle:バルモラル城。スコットランド・アバディーンシャーにある城。

ミニ解説)

冒頭の長い主語「The longest-reigning monarch that Britain has ever known,」は、直後の「 Elizabeth」の同格表現です。

同様に「Balmoral Castle」と「her beloved summer home in Scotland」も、イコールで結ばれる同格表現です。

「after having steadied and modernized」の主語は、前述の「Elizabeth」です。

「after she has steadied and modernized」と表現することもできます。

世界の首脳が亡き女王に敬意を表明

World leaders paid tribute / to her long reign. / U.S. President Joe Biden called her / a “stateswoman / of unmatched dignity and constancy.”  :「THE ASSOCIATED PRESS」 より

和訳例)世界の首脳は敬意を表明した、/ 彼女の長年の統治に対して。/ 米国のジョー・バイデン大統領は彼女を呼んだ、/ 「女性政治家であると、/ 比類なき威厳と恒久性を兼ね備えた」。

語句の注釈

tribute (名)敬意、reign(名)統治、constancy(名)耐久性、不変

ミニ解説)「World leaders」は、世界各国の首脳を表す便利な表現です。大統領、首相と国によって役職や名称が違うため、「leaders」と表現するとうまくまとまります。

「called her a “stateswoman of unmatched dignity and constancy”」は「call O(目的語)C(補語)=OをCと呼ぶ」のSVOC構文です。

「O=her」「C=a “stateswoman of unmatched dignity and constancy”」です。


以上、「ディクテーション課題に関連した内容」と「日本人が間違えやすい文法・表現」を抜粋して解説しました。

今週のディクテーション課題は、この解説コラムで取り上げた英文記事が土台になっています。

英文の「聞き取りのヒント」として、答案提出前に読み込んでおいてくださいね。

【リスニング力を伸ばしたい方】

メルマガ読者特典として、「自然な速度の英語ニュース」を細部まで聞き取る「穴埋めリスニングのディクテーションQuiz企画」を無料で実施中です。

ディクテーションとは、「英文を見ずに音声を聞いて、正確に書き取る訓練方法」です。

火曜15時の〆切までにQuiz答案を提出した方を対象に、動画で無料添削をおこない、不正解箇所から、リスニングや語彙・文法などの弱点を特定します!

英語ニュースを正確にリスニングしたい方、中級から上級へ確実にレベルアップしたい方、「穴埋めリスニングQuiz企画」に参加してみませんか。

穴埋めリスニングのディクテーション企画