内閣改造の目玉は 「1億大臣」【Cabinet reshuffle features ‘100 million Minister’】

News-icon9-64こんにちは! やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Users-iconCabinet reshuffle features ‘100 million Minister’

In a Cabinet reshuffle on Wednesday, Japan’s Prime Minister appointed a deputy chief Cabinet secretary to a new ministerial post for building a society in which all 100 million people can be active.

Step2:重要単語と語句

feature(動詞):特徴づける
reshuffle(名詞):改造

deputy(形容詞):代理の、副~

Step3:ミニ解説

◆ Japan’s Prime Minister appointed a deputy chief Cabinet secretary to a new ministerial post = 日本の首相が官房副長官を新しい閣僚ポストに任命した

「Japan’s Prime Minister」は「the Japanese Prime Minister」に置き換えてもOKです。所有格の「Japan’s」に対して「Japanese」は形容詞なので、定冠詞「the」を付けます。

「appoint A to B」=「A(人)をB(役職・地位)に任命する」を表します。

形容詞「ministerial(閣僚の)」は「ministry(省)」「minister(大臣)」の派生語として覚えておきましょう。


◆ for building a society in which all 100 million people can be active 
=「1億人すべてが活躍できる社会」を構築するための

改造内閣の目玉である新しい閣僚ポストの名称は「1億総活躍相」。日本語で聞いても奇妙な役職なので、ひと言で英訳することができません。

この大臣の任務である「1億総活躍社会づくり」を説明したのが上記の英語表現です。関係代名詞「which」の先行詞は直前の名詞「society」ですね。もう少しすっきりと短くいきたいところですが・・・。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Cabinet reshuffle features / ‘100 million Minister’

In a Cabinet reshuffle / on Wednesday, / Japan’s Prime Minister appointed / a deputy chief Cabinet secretary / to a new ministerial post / for building a society / in which / all 100 million people / can be active.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

内閣改造の目玉は / 「1億大臣」

内閣改造で、/ 水曜日の、/ 日本の首相が任命した、/ 内閣官房副長官を、/ 新しい閣僚ポストに、/ 社会をつくるための、/ そこでは、/ 1億人すべてが / 活躍できる。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

内閣改造の目玉は
Cabinet reshuffle features

「1億大臣」
‘100 million Minister’


内閣改造で、
In a Cabinet reshuffle

水曜日の、
on Wednesday,

日本の首相が任命した、
Japan’s Prime Minister appointed

内閣官房副長官を、
a deputy chief Cabinet secretary

新しい閣僚ポストに、
to a new ministerial post

社会をつくるための、
for building a society

そこでは、
in which

1億人すべてが
all 100 million people

活躍できる。
can be active.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Cabinet reshuffle features ‘100 million Minister’

In a Cabinet reshuffle on Wednesday, Japan’s Prime Minister appointed a deputy chief Cabinet secretary to a new ministerial post for building a society in which all 100 million people can be active.

参考記事:YOMIURI ONLINE

「1億総活躍相」仕事あいまい…他閣僚と重複

7日行われる内閣改造では、安倍首相が目玉と位置付ける「1億総活躍相」の役割も注目される。

就任予定の加藤勝信官房副長官は厚生労働行政に明るいことで定評があるが、担当分野が重なるとみられる地方創生相や女性活躍相など、他の閣僚ポストとの差別化をどう図るかについては、あいまいなままだ。

「1億総活躍社会づくりは、最初から設計図があるような簡単な課題ではない。司令塔たる閣僚には、省庁の縦割りを排した広い視野と大胆な政策を構想する発想力、それを確実に実行する強い突破力が必要だ」

編集後記

先週も日本人のノーベル賞ダブル受賞、マイナンバー制度の思考などさまざまなニュースがあった中で、今回は安倍内閣改造を取り上げました。

最近、政党名だけでなく閣僚ポストも奇妙な名前が増えてきましたね・・・。「1億総活躍大臣」は石破茂氏の「地方創生大臣」と業務の重複が多いとのこと。これは意図的なんでしょうかね。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら