世界中で3億5000万人がうつ病に【350 million people suffer from depression worldwide】

こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。

では、本日の英語ニュースです。学習メニューを順にこなしていきましょう。

全体リーディング

【説明を表示】

350 million people suffer from depression worldwide

The World Health Organization reported ahead of World Mental Health Day on October 10 that over 350 million people, about five percent of the global population, suffer from depression worldwide.

重要単語と語句

suffer from:~に苦しむ

depression(名詞):うつ病

worldwide(副詞):世界じゅうで

ahead of:~に先立って

population(名詞):人口

ミニ解説

◆ The World Health Organization reported

→ 世界保健機関は発表した。発表の内容は後述の「that」以下です。

世界保健機関:世界保健憲章(1948年4月7日発効)に基づいて発足した国際連合の専門機関の1つ。「すべての人々が可能な最高の健康水準に到達すること」を目的に掲げている。(コトバンクより)

◆ ahead of World Mental Health Day

→ 世界メンタルヘルス・デーに先立って。発表されたのは前日の10月9日です。

世界メンタルヘルス・デー:1992年にNGOである世界精神衛生連盟(WFMH)が、メンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、偏見を無くし、人々に体験発表の場を設けるために、10月10日を「世界メンタルヘルス・デー World Mental Health Day 」と定めた。(日本能率協会マネジメントセンターより)

◆ over 350 million people, about five percent of the global population,

→世界人口の約5パーセントにあたる3億5000万人以上。

先に人数を示し、コンマの後で全体に占める割合で言い換える同格の表現です。

スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

350 million people

suffer from depression

worldwide


The World Health Organization

reported

ahead of

World Mental Health Day

on October 10

that over 350 million people,

about five percent

of the global population,

suffer from depression

worldwide.

反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

3億5000万人が、
350 million people

うつ病に、
suffer from depression

世界じゅうで
worldwide


世界保健機関が
The World Health Organization

発表した、
reported

先立って、
ahead of

世界メンタルヘルス・デーに、
World Mental Health Day

10月10日の、
on October 10

3億5000万人を超える人々が、
that over 350 million people,

約5パーセントだが、
about five percent

世界人口の、
of the global population,

うつ病に苦しんでいると、
suffer from depression

世界じゅうで。
worldwide.

スピード音読

【説明を表示】

350 million people suffer from depression worldwide

The World Health Organization reported ahead of World Mental Health Day on October 10 that over 350 million people, about five percent of the global population, suffer from depression worldwide.

参考記事:YOMIURI ONLINE

うつ病、世界で推計3・5億人…人口の5%

世界保健機関(WHO)は9日、世界でうつ病で苦しんでいる人が人口の約5%に当たる3億5000万人以上に上るという推計を発表した。

自殺で亡くなる約100万人の大半がうつ病経験者で、WHOは治療と支援の重要性を訴えている。

WHOは、うつ病は一時的な気分の浮き沈みとは異なり、2週間以上ふさぎ込んで、仕事や家庭での活動に影響が出る病気と強調。

女性の5人に1人が産後うつを経験し、心疾患とうつ病の発症には、強い関連性がある。厳しい経済状態や失業、災害に直面すると、うつ病の危険性が高まるという。

カウンセリングや投薬が効果的な治療となるが、半数以上が必要な治療を受けていないとみられる。

編集後記

10月10日は世界メンタルヘルス・デーなんですね。このニュースを取り上げるまで知りませんでした。

うつ病の人口、世界規模で考えるとすごい人数です・・・。

米国ドラマを見ていると、よく精神科医が登場します。通っている患者は決して精神を患っている感じではなく、弁護士やエリート社員など、現役で活躍する人たちという設定が多いようです。

ストレスの多い社会生活の中、誰もが心に傷を抱えることがあるので、悩みを専門家に聞いてもらう場は貴重な機会かもしれないですね。

日本ではまだ、精神面のケア体制がここまで進んでいないような印象があります。

Follow me!

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、非公開の「反訳トレーニング」のMP3音声など、合計6種類の通訳訓練ができるネイティブ音声を毎週1本ずつプレゼント! >> 詳細はこちら