首相が酒類販売の方針に関して謝罪【Prime Minister apologizes for alcohol sales policy】

反復用:動画で通訳トレーニング

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Prime Minister apologizes for alcohol sales policy

Prime Minister Yoshihide Suga apologized on Wednesday for his administration’s request to ask drinks wholesalers to stop supplying liquor to restaurants and bars that defied the ban on serving alcohol under the COVID-19 emergency state.

Step2:重要単語と語句

administration(名)政権

defy(動)逆らう

emergency(名)緊急事態

Step3:ミニ解説

◆ Prime Minister apologizes for alcohol sales policy 首相が酒類販売の方針に関して謝罪

英文記事のタイトルでは直近の過去の出来事を現在形で表し、冠詞やBe動詞を省略する傾向があります。

通常の英文に直すと以下のようになります。(  )が変更・補足した箇所です。

(The) Prime Minister apologize(d) for (its) alcohol sales policy.

◆ Prime Minister Yoshihide Suga apologized on Wednesday 菅義偉総理は水曜日に謝罪した

肩書の「Prime Minister」が直後の人名「Yoshihide Suga」を修飾しています。

この部分全体で固有名詞となり、冒頭に冠詞は不要です。

◆ for his administration’s request to ask drinks wholesalers 酒類の販売業者に求めた彼の政権の要請に対して

前置詞「for」に導かれる部分が前述の「apologized」の理由を示しています。

◆ to stop supplying liquor to restaurants and bars 飲食店やバーとの酒類の取引の停止するよう

前述の「ask」を受けて「ask A to stop B」=「A(名詞)に対してB(名詞または動名詞)をやめるよう頼む」という構文になっています。

ここでは「A=drinks wholesalers」「B=supplying」ですね。

◆ that defied the ban on serving alcohol 酒類の提供の禁止を無視した

関係代名詞の主格「that」の先行詞は前述の「restaurants and bars」です。

◆ under the COVID-19 emergency state コロナ渦の緊急事態において

ここでは「COVID-19」が形容詞として名詞の「state」 を修飾しています。

COVID-19:「訪日ラボ」より
世界保健機関(WHO)は2020年2月11日、ついに「COVID-19」と命名しました。COVID-19の読み方は「コヴィッドナインティーン、コビッドじゅうきゅう」です。

WHOによる命名は、風評被害を避けるため、動物や特定の集団などと関連付けず発音しやすい名前を検討した結果、決定されました。

Coronavirusから「COVI」、Disease(疾病)から「D」を取り、発生年である2019年の「19」を付けた形です。

https://honichi.com/news/2020/02/13/coronaviruscovid19/

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Prime Minister apologizes for alcohol sales policy

Prime Minister Yoshihide Suga apologized on Wednesday / for his administration’s request to ask drinks wholesalers / to stop supplying liquor to restaurants and bars / that defied the ban on serving alcohol / under the COVID-19 emergency state.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

首相が酒類販売の方針に関して謝罪

菅義偉総理は水曜日に謝罪した、 / 酒類の販売業者に求めた彼の政権の要請に対して / 飲食店やバーとの酒類の取引を停止するよう、/ 酒類の提供の禁止を無視した、/ コロナ渦の緊急事態において。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

首相が酒類販売の方針に関して謝罪
Prime Minister apologizes for alcohol sales policy


菅義偉総理は水曜日に謝罪した、
Prime Minister Yoshihide Suga apologized on Wednesday

酒類の販売業者に求めた彼の政権の要請に対して
for his administration’s request to ask drinks wholesalers

飲食店やバーとの酒類の取引を停止するよう、
to stop supplying liquor to restaurants and bars

酒類の提供の禁止を無視した、
that defied the ban on serving alcohol

コロナ渦の緊急事態において。
under the COVID-19 emergency state.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Prime Minister apologizes for alcohol sales policy

Prime Minister Yoshihide Suga apologized on Wednesday for his administration’s request to ask drinks wholesalers to stop supplying liquor to restaurants and bars that defied the ban on serving alcohol under the COVID-19 emergency state.

参考:菅首相の関与は? 酒の取引停止要請を謝罪も「具体的な議論せず」(TBSニュース)

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4314561.htm?1626383316687

新型コロナウイルス対策で政府が酒類の販売業者に対し、酒の提供を続ける飲食店との取引をやめるよう要請し、きのう、その方針を撤回した問題で、菅総理が謝罪しました。国会記者会館からの報告です。

謝罪の際、菅総理は報道陣に対し、一連の要請の内容については議論したことがないと強調しました。

「要請の具体的な内容について、議論したことはありません。既に要請は撤回されておりますが、多くの皆さま方に大変ご迷惑をおかけしたことについて、私からもお詫びを申し上げたい」(菅首相)

編集後記

緊急事態宣言が再度発令されたことで、またもや飲食業者が自粛のターゲットになっている印象ですね。

政府の方針撤回や謝罪は今回が初めてではないため、求心力に影響が出ている気がします。

感染者が増えているのが心配ですが、東京五輪が無事開催されることを祈りたいです。

 

 

Follow me!

メルマガ読者限定のディクテーション無料企画を好評実施中!

>> 詳細はこちら