大坂なおみ選手が最も影響力のある100人に選出【Naomi Osaka listed among 100 most influential people】

反復用:動画で通訳トレーニング

Step1:全体リーディング

【説明を表示】

Naomi Osaka listed among 100 most influential people

US Open champion Naomi Osaka made the Time list of the 100 most influential people for the second straight year.  She walked to her matches in New York with seven different masks bearing the names of black victims of police violence in America.

Step2:重要単語と語句

influential(形)影響力のある

violence(名)暴力

Step3:ミニ解説

◆ Naomi Osaka listed among 100 most influential people 大坂なおみ選手が最も影響力のある100人に選出

英文記事のタイトルでは直近の過去の出来事を受け身の過去分詞で表し、冠詞やBe動詞を省略する傾向があります。

通常の英文に直すと以下のようになります。(  )が変更・補足した箇所です。

Naomi Osaka (was) listed among (the) 100 most influential people.

◆ made the Time list of the 100 most influential people タイム誌の最も影響力のある100人に選出された

「make the list of A」=「Aのリストに掲載される」となり、ここではタイム誌の「the 100 most influential people」がこれにあたります。

「リストを作成する」という意味になることもあり、文脈で判断します。

◆ for the second straight year 2年連続で

序数「second」の前に定冠詞「the」が入り、「year」と単数形になります。

同じ意味を表す類似表現として「for two straight years」があり、こちらは定冠詞なしで複数形になります。

「連続の」を表す形容詞「straight」の代わりに「in a row」を使用すると、「for two years in a row」となります。

◆ She walked to her matches in New York with seven different masks 彼女は7種類のマスクを着用し、ニューヨークでの自分の試合に登場した

試合中はマスクを着けずにプレーするため、会場に姿を現したときの様子を「walked to her matches」と表現しています。

「with seven different masks」の前置詞「with」は「~を身に着けて」という意味です。

「her matches in New York」とは全米オープンを指しています。

◆ bearing the names of black victims of police violence in America アメリカで警察の暴力の犠牲となった黒人の人々の名前が入っている

「bear the name of A」=「Aという名前が入っている」となり、直前の「masks」を説明しています。

大坂選手は、黒人に対する人種差別や警察による暴力の現状を世界の人々に訴えるため、ジョージ・フロイドさん、トレイボン・マーティンさんなど、犠牲者7人の名前を記したマスクを試合ごとに着用しました。

Step4:スラッシュ・リーディング

【説明を表示】

Naomi Osaka listed among 100 most influential people

US Open champion Naomi Osaka / made the Time list of the 100 most influential people / for the second straight year.  / She walked to her matches in New York with seven different masks / bearing the names of black victims of police violence in America.

Step5:サイトトランスレーション

【説明を表示】
和訳例を確認

大坂なおみ選手が最も影響力のある100人に選出

全米オープンに優勝した大坂なおみ選手が / タイム誌の最も影響力のある100人に選出された、 / 2年連続で。  / 彼女は、ニューヨークでの自分の試合に7種類のマスクを着用して登場した、 /  アメリカで警察の暴力の犠牲となった黒人の人々の名前が入った。

Step6: 反訳トレーニング

【説明を表示】
解答をチェック!

大坂なおみ選手が最も影響力のある100人に選出
Naomi Osaka listed among 100 most influential people


全米オープンに優勝した大坂なおみ選手が
US Open champion Naomi Osaka

タイム誌の最も影響力のある100人に選出された、
made the Time list of the 100 most influential people

2年連続で。
for the second straight year.

彼女は、ニューヨークでの自分の試合に7種類のマスクを着用して登場した、
She walked to her matches in New York with seven different masks

アメリカで警察の暴力の犠牲となった黒人の人々の名前が入った。
bearing the names of black victims of police violence in America.

Step7:スピード音読

【説明を表示】

Naomi Osaka listed among 100 most influential people

US Open champion Naomi Osaka made the Time list of the 100 most influential people for the second straight year.  She walked to her matches in New York with seven different masks bearing the names of black victims of police violence in America.

参考記事:ハフポスト

大坂なおみさん、2年連続でTIME誌「世界で最も影響力のある100人」に
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f6ab06cc5b629afbe9820d9

アメリカの「TIME」誌は9月23日(日本時間)、毎年恒例の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、テニスの大坂なおみ選手とジャーナリストの伊藤詩織さんが選ばれた。

大坂選手が選ばれるのは、2019年に続いて2年連続。推薦文はアメリカの女子バスケットボールのスーパースター、マヤ・ムーア選手が執筆した。

試合ごとに人種差別や警察による暴力の犠牲者の名前が書かれた黒いマスクをつけ、BLMへの連帯を示した全米オープンでの優勝について

「卓越したアスリートとしてのパフォーマンスをもって、こんなにも美しく物語を揺り動かしたことに感銘を受けた」とつづった。

編集後記

大坂なおみ選手は「TIME誌の100人」に2年連続で選出された、というからさすがです。

個人的には、彼女が全米オープン前哨戦の準決勝を「黒人差別への抗議のために棄権する」と聞いたときは残念でした。

※結局、準決勝が1日順延されたことで予定通り出場して勝利し、怪我のため決勝を棄権しました。

この問題は根が深く、「スポーツに政治的な主張を持ち込むな」と単純に批判できるものではないようです。

彼女が自分のことを「I’m a black woman.」と表現したのは、日本国籍であってもアフリカ系のルーツがある以上、自然なことだと思います。

怪我を抱えながら全米オープンを決勝まで勝ち上がり、7枚のマスク全部を披露して優勝した大坂選手、やはり大物ですね。

Follow me!

発音とリスニングを劇的に伸ばす動画メールセミナーを無料プレゼント中!

>> 詳細はこちら

発音やリスニングにお悩みがあり、仕事で英語が必要な方のための限定企画

>> 詳細はこちら