こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

Mars reaches closest approach to Earth in 15 years

Mars made its closest approach to Earth since August 2003 on Tuesday. Only 57.59 million kilometers separated the two planets. If you missed it, you can expect a good view of the red planet through early September.

Step 2 >> 重要単語と語句

Mars(名)火星

approach(名)接近

planet(名)惑星

miss(動)見逃す

expect(動)予想する

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ Mars reaches closest approach to Earth in 15 years  火星が15年ぶりに地球に最接近

英文記事のタイトルでは最近の出来事を現在形で表し、冠詞や代名詞の所有格を省略する傾向があります。

通常の英文なら次のような表記になります。(  )内が追加・変更した箇所です。

Mars reach(ed) (its) closest approach to Earth in 15 years.

◆ Only 57.59 million kilometers separated the two planets  わずか5759万キロが2つの惑星を隔てた

2つの惑星とは前述の「Mars(火星)」と「Earth(地球)」を意味しています。文脈から何を指しているか明らかですね。

◆ If you missed it, you can expect a good view of the red planet  もしそれを見逃したとしても、この赤い惑星が良く見えると期待できる

この文脈での接続詞「If」の意味にご注意。「もし~なら」ではなく、「たとえ~だとしても」です。つまり「Even if」の「Even」が省略された形です。

「view」は「景色・見晴らし・光景」という意味合いの名詞です。「the red planet」は火星が赤く見えることから付けられた通称です。

◆ through early September  9月上旬まで

「~まで」を表す前置詞は「until」でもOKです。

「through」は「~を貫通して」という意味の前置詞なので、ここでは「9月上旬という時期を突き抜ける = 9月上旬が完全に含まれる」というニュアンスを表します。

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Mars reaches closest approach to Earth / in 15 years

Mars made its closest approach to Earth / since August 2003 / on Tuesday. / Only 57.59 million kilometers / separated the two planets. / If you missed it, / you can expect a good view of the red planet / through early September.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 火星が地球に最接近、/ 15年ぶりに

火星が地球に最接近した、/ 2003年8月以来、/ 火曜日に。/ わずか5759万キロが / 2つの惑星を隔てた。 / もしそれを見逃したとしても、/ この赤い惑星が良く見えると期待できる、/ 9月上旬まで。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

火星が地球に最接近、
Mars reaches closest approach to Earth

15年ぶりに
in 15 years

—————————————————–

火星が地球に最接近した、
Mars made its closest approach to Earth

2003年8月以来、
since August 2003

火曜日に。
on Tuesday.

わずか5759万キロが
Only 57.59 million kilometers

2つの惑星を隔てた。
separated the two planets.

もしそれを見逃したとしても、
If you missed it,

この赤い惑星が良く見えると期待できる、
you can expect a good view of the red planet

9月上旬まで。
through early September.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

Mars reaches closest approach to Earth in 15 years

Mars made its closest approach to Earth since August 2003 on Tuesday. Only 57.59 million kilometers separated the two planets. If you missed it, you can expect a good view of the red planet through early September.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう

~福井新聞Online より~

火星が15年ぶり大接近 地球から5759万キロ

夜空に赤く輝く火星が31日夜、地球から5759万キロまで「大接近」した。

火星は約2年2カ月ごとに接近しているが、6千万キロを切るのは2003年以来で、15年ぶりの近さ。

日が暮れると南東から昇り、各地で待ち構える天文ファンたちを楽しませた。

国立天文台によると、最も距離が縮まったのは日本では火星が空に昇る前の31日午後4時50分。

直径が地球の半分程度と小さく、遠いと望遠鏡でも詳しくは見られないが、大接近中は観察チャンスが続く。

火星は9月上旬までひときわ明るく大きく見えるという。

編集後記

毎日、世知辛いニュースが多い中で天文学の話を聞くと、(なんだかスケールが大きいなあ)と感じます。

普段、夜空を見上げる余裕もなく日々を過ごしがちですが、たまには雑事を忘れてほっとするのもいいですね。

次に火星が近づくのは2020年10月だそうです。