こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

Kiryu becomes first Japanese to break 10-second barrier

Yoshihide Kiryu became the first Japanese sprinter to break the 10-second barrier in the men’s 100 meter race, winning an intercollegiate event in 9.98 seconds on Saturday. He was a member of Japan’s silver medal-winning team in the men’s 4-by-100 meter relay at the 2016 Rio Olympics.

Step 2 >> 重要単語と語句

barrier(名)壁

sprinter(名)短距離走者

intercollegiate(形)大学対抗の

Olympics(名)オリンピック

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ Yoshihide Kiryu became the first Japanese sprinter to break the 10-second barrier = 桐生祥秀は、10秒の壁を破る初の日本人短距離走者となった

「become the first A to B =B する初めてのAになる」(A=名詞、B=動詞の原形)はよく使用する表現です。

「10-second(10秒の)」は形容詞句として名詞「barrier」を修飾しています。「second」が単数形となることに注意しましょう。

◆ winning an intercollegiate event in 9.98 seconds on Saturday =  9.98秒で土曜日に学生対校選手権に優勝して

分詞構文の現在分詞「winning」の主語は冒頭の「Yoshihide Kiryu」です。「become(初の日本人になる)」と「優勝する(win)」の2つが同時に起こっていることを示しています。

「event」は「競技・種目」を表しています。ここでは日本語の「イベント」と少し意味が異なるので注意しましょう。

◆ He was a member of Japan’s silver medal-winning team in the men’s 4-by-100 meter relay = 彼は、男子4×100メートルリレーで銀メダルを取った日本チームの一員だった

「silver medal-winning(銀メダルを取った)」が形容詞句として「team」を修飾しています。

「the men’s 4-by-100 meter relay(男子4×100メートルリレー)」とは、4人の走者がひとり100メートルずつ走り、バトンを次の走者に渡すリレーです。日本はバトン・パスが抜群にうまく、これが銀メダル獲得につながったといわれています。

◆ at the 2016 Rio Olympics = 2016年のリオ五輪で

オリンピックの英語表記は冒頭に定冠詞「the」を付け、複数形になることを覚えておきましょう。「the Olympics」「the Olympic Games」のどちらでもOKです。ここでは「2016(2016年の)」が形容詞となり、「Rio Olympics」を修飾しています。

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Kiryu becomes first Japanese / to break 10-second barrier

Yoshihide Kiryu / became the first Japanese sprinter / to break the 10-second barrier / in the men’s 100 meter race, / winning an intercollegiate event / in 9.98 seconds on Saturday. / He was a member / of Japan’s silver medal-winning team / in the men’s 4-by-100 meter relay / at the 2016 Rio Olympics.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 桐生が初の日本人に、/ 10秒の壁を破る

桐生祥秀は / 初の日本人短距離走者となった、/ 10秒の壁を破る、/ 男子100メートルのレースで、/ 学生対校選手権に優勝して、/ 9.98秒で土曜日に。/ 彼は一員だった、/ 日本の銀メダルを取ったチームの、/ 男子4×100メートルリレーで、/ 2016年のリオ五輪で。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

桐生が初の日本人に、
Kiryu becomes first Japanese

10秒の壁を破る
to break 10-second barrier

—————————————————–

桐生祥秀は
Yoshihide Kiryu

初の日本人短距離走者となった、
became the first Japanese sprinter

10秒の壁を破る、
to break the 10-second barrier

男子100メートルのレースで、
in the men’s 100 meter race,

学生対校選手権に優勝して、
winning an intercollegiate event

9.98秒で土曜日に。
in 9.98 seconds on Saturday.

彼は一員だった、
He was a member

日本の銀メダルを取ったチームの、
of Japan’s silver medal-winning team

男子4×100メートルリレーで、
in the men’s 4-by-100 meter relay

2016年のリオ五輪で。
at the 2016 Rio Olympics.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

Kiryu becomes first Japanese to break 10-second barrier

Yoshihide Kiryu became the first Japanese sprinter to break the 10-second barrier in the men’s 100 meter race, winning an intercollegiate event in 9.98 seconds on Saturday. He was a member of Japan’s silver medal-winning team in the men’s 4-by-100 meter relay at the 2016 Rio Olympics.