こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

JAL, ANA to tighten alcohol tests following recent pilot scandals

Japan Airlines and All Nippon Airways pledged to take measures on Friday to prevent heavy drinking by flight crew in response to recent incidents involving alcohol-affected pilots from the two major airlines.

Step 2 >> 重要単語と語句

tighten(動)強化する

alcohol(名)アルコール飲料

following(前)~を受けて

scandal(名)不祥事

pledge(動)誓約する

incident(名)事件

involving(前)~の関わった

affect(動)影響を与える

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ JAL, ANA to tighten alcohol tests following recent pilot scandals   最近の操縦士の不祥事を受けて、JALとANAが飲酒検査の強化へ

英文記事のタイトルでは未来の出来事をto不定詞で表す傾向があり、冠詞やbe動詞がよく省略されます。

通常の英文に直すと以下のようになります。(  )が変更・補足した箇所です。

JAL (and) ANA (are) to tighten alcohol tests following recent pilot scandals.

「JAL」と「ANA」はそれぞれ「Japan Airlines(日本航空)」「All Nippon Airways(全日本空輸)」の英語名の頭文字を取った略称です。

日本語での読み方はそれぞれ「JAL(ジャル)」と「ANA(エー・エヌ・エー)」となるため、英語でもこれに準じた読み方になります。

◆ Japan Airlines and All Nippon Airways pledged to take measures on Friday  日本航空と全日本空輸が、対策を講じると金曜日に誓約した

両社の日本語名は順に「日本航空(にほんこうくう)」「全日本空輸(ぜんにっぽんくうゆ)」となり、「日本」の読み方が違うのでご注意ください。

「measures(手段・方策)」は通常、複数形で使用します。「take measures(対策を取る)」という形で覚えておきましょう。

◆ to prevent heavy drinking by flight crew  航空機乗務員による過剰飲酒を防止するための

「to prevent」のto不定詞は前述の名詞「measures(対策)」を修飾する形容詞的用法です。

「crew」は乗務員全体を示す集合名詞のため、単数形で表記します。各乗務員を表すときは「a crew member(単数)」「crew members(複数)」となります。

◆ in response to recent incidents involving alcohol-affected pilots  飲酒した操縦士らの関与した最近の事件に対応して

「incident(意図的に起こした事件)」と「accident(偶発的に起こった事故)」の意味を区別しておきましょう。

「alcohol-affected pilots(アルコール飲料に影響された操縦士ら)」を自然な日本語に意訳して「飲酒した操縦士ら」と表現しています。

この「affected」は受け身の用法です。次のように言い換えることが可能です。

alcohol-affected pilots = pilots affected by alcohol

◆ from the two major airlines  二大航空会社の

既出の日本航空と全日空を指しているため、定冠詞「the」が付いています。「from」は出身や所属を表す前置詞です。

例)He is from Osaka. (彼は大阪出身です。)

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

JAL, ANA to tighten alcohol tests / following recent pilot scandals

Japan Airlines and All Nippon Airways / pledged to take measures on Friday / to prevent heavy drinking by flight crew / in response to recent incidents / involving alcohol-affected pilots / from the two major airlines.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例をクリックして比べてみましょう。

和訳例を確認

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

解答をチェック!

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

JAL, ANA to tighten alcohol tests following recent pilot scandals

Japan Airlines and All Nippon Airways pledged to take measures on Friday to prevent heavy drinking by flight crew in response to recent incidents involving alcohol-affected pilots from the two major airlines.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう ~サンケイビズ より~

航空2社、飲酒トラブルで国交省に再発防止策提出 検査強化など盛る

運航乗務員の飲酒が原因で運航遅延を起こした日本航空と全日本空輸は16日、トラブルの詳細な経緯と再発防止策をまとめた報告書を国土交通省に提出した。

両社とも乗務前のアルコール検査の方法を厳格化するとともに上限値を超過した場合の厳罰化を盛り込んだほか、整備士ら運航に関わる従事者にも勤務前のアルコール検査を導入することなどが柱。

訪日外国人旅行者の急増で国際線が好調な中、運航乗務員の飲酒を原因とするトラブルに対し、両社とも再発防止に向けた意識を徹底させる構えだ。

編集後記

私はもとから飛行機に乗るのがあまり好きじゃないんですが、日本の航空会社のいい加減な実態を知って唖然としました。

先日、JALの副操縦士が社内の飲酒検査をすり抜けたのは手違いじゃなくて、航空業界ではこれが常態化してたってことですよね。

大勢の乗客の命を預かって空を飛ぶ直前だというのに、この無責任さはプロとしてありえないです。

国内の鉄道やバス会社では運転手の飲酒検査がもっと厳格なのに、なぜ航空会社ではこんなにザルなのか・・・。その素朴な疑問に対する回答が、先日のテレビニュースで報道されていました。

「パイロットは優秀なので自己規制ができるだろう、という性善説に基づいていた」・・・まさに、この甘すぎる思い込みがゆがんだ慣行を生み出したのではないでしょうか。

今回、たまたまバレなければそしらぬ顔で「飲酒運転」が継続され、やがて重大事故につながったかもしれない、と思うとぞっとします。