【特別編2】ディクテーション05

今週は特別編の第2弾を企画しています。

最近の英語ニュースから話題性の高いネタを5本選び、音声付きの「ディクテーション課題」として毎日1本ずつお届けします。

【ディクテーション】

ディクテーション(=英文の書き取り)をするときは、まず全体を聴いて流れをつかんだ後、意味の区切りごとに停止しながら書き取っていく・・・という方法がお勧めです

注意)1単語ずつ音声を停止して書き取る方法は「リテンション(記憶する力)」が身につかないので気をつけてくださいね。

本日のExercise:英語ニュース第5日

では、第5日目の課題に入りましょう。穴埋め形式のディクテーションです。

次の英語ニュースの音声を聴いて、( )に入る単語を書き取ってください。

ヒントとして、( )に入る単語の語数を示しています。

<< ※制限時間の目安は5分間です。>>

※再生ボタンを押して音声をお聴きください。(区切りなしのナレーションです。)


穴埋め形式のスクリプト

Rising star Koizumi ①(4単語)

Shinjiro Koizumi, a high-profile lawmaker ②(6単語), assumed ③(5単語) in the latest Cabinet reshuffle. He ④(4単語) with a surprise ⑤(4単語) to a well-known TV personality.

ディクテーションの注意点

英文をディクテーションするときのリスニングの回数は、1ヶ所に付き3~5回程度が目安となります。

英語ニュースの解答スクリプトはこちらです。ディクテーションの答案を自己採点してください。


ディクテーションの解答スクリプト

Rising star Koizumi ①(given first ministerial post)

Shinjiro Koizumi, a high-profile lawmaker ②(touted as a future prime minister), assumed ③(the post of environment minister) in the latest Cabinet reshuffle. He ④(grabbed headlines last month) with a surprise ⑤(announcement of his marriage) to a well-known TV personality.

いかがでしたか? 書き取れなかった箇所や綴りの間違いが1個以内なら合格です。

聴き取れない箇所やスペルミスのあった方は、ここからが本題です。

「勘が当たった!」「2個まちがえた・・・」と一喜一憂しても英語力は伸びないので、答案を冷静に分析しましょう。

繰り返しになりますが、一般に、英語音声が正しく聴き取れないときの原因は次の3つに大別されます。

【リスニングの間違いパターンの分類】

1)その単語や表現を知らなかった ⇒ 単語・語彙力の不足

2)英文法と英文構造を正しく理解できなかった ⇒ 文法・読解力の不足

3)読めば理解できる英文を聴き取れなかった ⇒ 発音力の不足

 

間違い箇所がこのうちどれに相当するのか明らかにし、弱点をしっかり克服すれば、確実に聴き取れるようになります。

間違い箇所のある人は、1)~3)のどれが原因なのか、おおまかに分類してみましょう。

今回のディクテーションで出題した英語ニュースの解説ページはこちらです。

>> 期待の星の小泉氏が初の閣僚ポストに

「重要単語と語句」「ミニ解説」「和訳例」を中心にじっくり復習し、「英語ニュースを読んで理解できる」状態にしておいてください。


今週は特別編として、最近の英語ニュースから5本を選んで「ディクテーション課題」をお届けしました。

日頃の学習成果を試す実力判定として、この企画がお役に立ちましたら幸いです。

無料メルマガ「やさしい英語ニュース」音声付版を好評配信中!

読者登録された方には、「スラッシュ・リピーティング「反訳トレーニング」など、7種類の通訳式トレーニングのできる非公開ページを定期的にご案内! >> 詳細はこちら