こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

Ex-Finance Ministry official repeatedly refuses testimony

The former Finance Ministry bureau chief was summoned on Tuesday as a sworn witness at the Diet. He repeatedly refused to answer questions about a document falsification scandal, citing the possibility of criminal prosecution.

Step 2 >> 重要単語と語句

testimony(名)証言

bureau(名)事務局、支局

summon(動)召喚する

sworn witness:宣誓証人

falsification(名)偽造

prosecution(名)訴追

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ The former Finance Ministry bureau chief was summoned on Tuesday as a sworn witness at the Diet = 前財務省理財局長が火曜日、国会で宣誓証人として召喚された

「The former Finance Ministry bureau chief(前財務省理財局長)」は退任した佐川宣寿氏を指しています。

日本語ではある役職の前任者のことを例えば「前首相」のように呼び、2代前になると「元首相」となるのに対し、英語では区別することなく、いずれの場合も「former」を使用します。

「summon A as a sworn witness」=「A(人)を証人喚問する」となります。ここではこれが受動態となり、さらに英訳しやすいよう「宣誓証人として召喚された」と直訳しています。

◆ He repeatedly refused to answer questions about a document falsification scandal = 彼は文書改ざん疑惑についての質問に答弁することを繰り返し拒否した

「a document falsification scandal(文書改ざん疑惑)」の不定冠詞「a」は最後の名詞「scandal」に対するものです。「document falsification」はいずれも名詞ですが、ここでは「scandal」を修飾する形容詞の役割を果たしています。

◆ citing the possibility of criminal prosecution = 刑事訴追の可能性を理由にあげながら

動詞「cite(理由にあげる)」が分詞構文となり、現在分詞に変化しています。この「cite」の主語は前述の「He」、すなわち佐川氏を指しています。

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Ex-Finance Ministry official / repeatedly refuses testimony

The former Finance Ministry bureau chief / was summoned on Tuesday / as a sworn witness at the Diet. He repeatedly refused / to answer questions / about a document falsification scandal, / citing the possibility / of criminal prosecution.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 元財務省役人が / 繰り返し証言を拒否

前財務省理財局長が / 火曜日に召喚された、/ 国会で宣誓証人として。/ 彼は繰り返し拒否した、/ 質問に答弁することを、/ 文書改ざん疑惑についての、/ 可能性を理由にあげながら、/ 刑事訴追の。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

元財務省役人が
Ex-Finance Ministry official

繰り返し証言を拒否
repeatedly refuses testimony

—————————————————–

前財務省理財局長が
The former Finance Ministry bureau chief

火曜日に召喚された、
was summoned on Tuesday

国会で宣誓証人として。
as a sworn witness at the Diet.

彼は繰り返し拒否した、
He repeatedly refused

質問に答弁することを、
to answer questions

文書改ざん疑惑についての、
about a document falsification scandal,

可能性を理由にあげながら、
citing the possibility

刑事訴追の。
of criminal prosecution.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

Ex-Finance Ministry official repeatedly refuses testimony

The former Finance Ministry bureau chief was summoned on Tuesday as a sworn witness at the Diet. He repeatedly refused to answer questions about a document falsification scandal, citing the possibility of criminal prosecution.