復習の穴埋めテストをやってみましょう。空欄部分にそれぞれの頭文字で始まる適当な単語を埋めてください。 最初の2文字または1文字のみ示しています。

ヒントとして、記事の下に各単語の意味が書いてありますが、なるべくノーヒントで考えてみてくださいね。

1. Ramen shop fire spreads to 140 buildings

A 1(h  ) fire that started at a ramen shop was 2(fa   ) by high winds, spreading to at least 140 buildings on Thursday in a small city on the Japan Sea coast.

意味 : 1. 巨大な  2. 煽られて

答え : 1. huge  2. fanned

2. Japanese Prime Minister visits Pearl Harbor with US President

Prime Minister Shinzo Abe visited Pearl Harbor with President Barack Obama on Tuesday, paying respects to the victims of Japan’s attack and 1(pl    ) that his country would never 2(w   ) war again.

意味 : 1. 誓いながら  2. (戦争を)行なう

答え : 1. pledging  2. wage

3. Amazon opens checkout-free store

Amazon opened a new store called Amazon Go in Seattle where shoppers can pick up their 1(gr    ) and walk out without paying at the checkout. Instead, sensors 2(ch   ) the items to their smartphone app.

意味 : 1. 食料品(複数)  2. 代金を請求する

答え : 1. groceries  2. charge

いかがでしたか? 今週の復習シリーズは以上です。

編集後記

今回のメルマガ復習は年末年始の休み明けなので、最初のニュースはずいぶん前に取り上げた感覚です。

さて、あなたの今年の”New Year resolution(新年の抱負)”は何でしょうか? 私は近年、特に目標を定めないこともありましたが、やはりきちんと決めないとダラダラしてしまいますね。

そこで、今年はまず「英語手帳」を活用しようと考え、国産バイリンガルとしてご活躍中のRomyさん監修のものを購入しました。私が選んだのはこちらのタイプです。

英語手帳 2017年版 ミニ版 アップルグリーン (文庫サイズ)

年末ぎりぎりにネットで注文したため、なんと届いたのは今日(火曜日午後)です。到着までに2週間近くかかりました。もっと早く購入すべきだった、と反省・・・。

実は、2013年にRomyさんが「英語手帳120%活用法」を出版された際、この本の中で当メルマガ「やさしい英語ニュース」をご紹介くださっています。

英語手帳120%活用法

本を一冊贈呈いただいた当時、内容を精読して(英語手帳ってよさそう!)と感心したにもかかわらず、ずぼらな自分に活用は無理かも、とあきらめて先送りしていました。

というのも、私はメモの手書きが極端に苦手で、自分の文字が後で判読できないほどひどいんです。実にくだらない理由ですが。

が、先ほど届いた真新しい英語手帳に明日の授業予定を英語でちょこちょこっとメモしたところ・・・意外にも、漢字や平仮名の混じる日本語よりアルファベットのほうが書きやすい感触でした。

元々は、自分の時事英語教室の生徒さんたちに「毎日、主体的に英語に触れて上達させる方法」として英語手帳の紹介を思い立ったのがきっかけです。

で、(人に勧めるならまず自分で使ってみないと!)という流れになったわけです。日々使いこなすには慣れやコツが必要ですが、今年はできるだけ活用してみようと思います。

では、また次回お会いしましょう!