こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

New law on private lodging takes effect

A new law regulating private lodging businesses took effect on Friday to cope with a shortage of accommodations amid a growing number of foreign tourists. The law allows anyone to lease their rooms for up to 180 days a year if they register with their local government in advance.

Step 2 >> 重要単語と語句

lodging(名)宿泊施設・滞在場所

regulate(動)規制する

cope with:~に対処する

a shortage of:~の不足

accommodation(名)宿泊施設

in advance:前もって

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ New law on private lodging takes effect  民泊に関する新法が施行

「take effect」=「(法律が)施行される・発効する」です。

民泊に関する新法とは「住宅宿泊事業法」を指しています。

英文タイトルでは冠詞が省略され、最近の出来事は現在形で表記する傾向があります。通常の文なら次のようになります。( )が変更した箇所です。

(A) new law on private lodging (took) effect.

「lodging」は「一時的に滞在する場所」という意味では不可算名詞になります。

◆ amid a growing number of foreign tourists  外国人観光客の数が増加する中で

現在分詞の「growing」は「increasing」に置き換えてもOKです。その場合、母音で始まるので不定冠詞は「an」になります。

◆ The law allows anyone to lease their rooms for up to 180 days a year  その法律で、誰でも自分の部屋を1年に180日まで貸し出すことが可能になる

無生物主語の英文で、直訳すると「その法律は~を可能にする」となります。「allows」を「enables」に置き換えることもできます。

「anyone」は3人称単数なので、「rooms」にかかる所有格もこれに合わせたいところですが、性別が男女どちらにもあてはまるため文法的には「his or her」となります。

やや冗長になることから、最近はあえて人称を複数の「their」にするケースが増えています。

「up to A」=「最大でAまで」となり、Aには最大値となる数字が入ります。

「180 days a year」の「a」は「per」に置き換えてもOKです。いずれも「~につき」という意味を表します。

◆ if they register with their local government in advance  もし地方自治体に前もって登録すれば

ここでも前述の「anyone」を「he or she」とせず、複数の「they」で表現しています。

「local government」は所在地の都道府県や市町村を指しています。

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

New law on private lodging / takes effect

A new law / regulating private lodging businesses / took effect on Friday / to cope with a shortage of accommodations / amid a growing number of foreign tourists. / The law allows anyone / to lease their rooms / for up to 180 days a year / if they register / with their local government / in advance.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 民泊に関する新法が / 施行

新しい法律が、/ 民泊事業を規制する、/ 金曜日に施行された、/ 宿泊施設の不足に対処するため、/ 外国人観光客の数が増加する中で。/ その法律で誰でも可能になる、/ 自分の部屋を貸し出すことが、/ 1年に180日まで、/ もし登録すれば、/ 地方自治体に、/ 前もって。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

民泊に関する新法が
New law on private lodging

施行
takes effect

—————————————————–

新しい法律が、
A new law

民泊事業を規制する、
regulating private lodging businesses

金曜日に施行された、
took effect on Friday

宿泊施設の不足に対処するため、
to cope with a shortage of accommodations

外国人観光客の数が増加する中で。
amid a growing number of foreign tourists.

その法律で誰でも可能になる、
The law allows anyone

自分の部屋を貸し出すことが、
to lease their rooms

1年に180日まで、
for up to 180 days a year

もし登録すれば、
if they register

地方自治体に、
with their local government

前もって。
in advance.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

New law on private lodging takes effect

A new law regulating private lodging businesses took effect on Friday to cope with a shortage of accommodations amid a growing number of foreign tourists. The law allows anyone to lease their rooms for up to 180 days a year if they register with their local government in advance.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう

~毎日jp より~

民泊新法 「ヤミ」減少狙うも、個人届け出低調の理由は

民泊のルールを定めた「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が15日に施行され、これまで旅館業法の許可が必要だった民泊が、都道府県などへの届け出で営業できるようになった。

しかし、手続きが煩雑で、全国に6万件あった民泊物件のうち、届け出を行ったのは8日現在で2707件にとどまる。

違法な「ヤミ民泊」をなくし、訪日外国人旅行者の受け皿とするのが新法の目的だが、個人経営者らの出足は低調だ。その一方、将来性をにらみ、民泊の仲介には企業の参入が相次いでいる

編集後記

民泊という言葉は巷ですっかり定着した感があります。

私のマンションでは最近、「民泊は規約により禁止です」という趣旨の張り紙が1階ロビーに掲示されています。

空いた部屋を外国人観光客に割安で貸し出す、という案はとても良いと思いますが、言葉や文化、風習の異なる人たちを受け入れるのはなかなか大変です。

民泊の利用者が、夜の騒音やゴミ出しマナーで近隣住民に迷惑をかけてしまう例をときどき耳にします。

本人の意識の問題もあるかもしれませんが、貸し出す側も収益だけを求めるのではなく、

地域の生活習慣や守るべきルールについて、事前にきちんと説明する義務があるのでは、と感じます。