こんにちは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

Japan introduces plea bargains for corporate crimes

Japan introduced its first plea bargaining system on Friday that allows prosecutors to promise leniency to suspects or defendants in exchange for information on corporate crimes. Unlike in the U.S., they cannot plead guilty to their own charges for a shorter sentence.

Step 2 >> 重要単語と語句

plea(名)懇願

bargain(名・動)取引(する)

corporate(形)企業の

prosecutor(名)検察官

leniency(名)慈悲深さ、寛大さ

suspect(名)容疑者

defendant(名)被告

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ Japan introduces plea bargains for corporate crimes  日本が企業犯罪に対する司法取引を導入

司法取引(plea bargains):裁判において、被告人と検察官が取引をし、被告人が罪を認めるか、あるいは共犯者を法廷で告発する、あるいは捜査に協力することで、求刑の軽減、またはいくつかの罪状の取り下げを行うこと。

司法取引の結果として軽減された検察官の求刑に裁判所が法的に拘束されるわけではなく、求刑以上の量刑を行うことも可能であるが、司法取引の刑事政策上のメリット、当事者主義の理念から裁判所は司法取引の結果を尊重することが多いとされる。

被告人による罪状認否の制度が存在する英米法の国家で可能になる制度である。(Wikipediaより引用)

日本で導入された司法取引は、現時点では企業犯罪や組織犯罪に限定され、自分の罪を認めて求刑の軽減や罪状の取り下げを得ることはできないようです。

◆ that allows prosecutors to promise leniency to suspects or defendants   容疑者や被告に対して情状酌量を約束することを検察に許可する

関係代名詞の主格「that」の先行詞は前述の 「plea bargaining system(司法取引制度)」を指しています。

「allow A(名詞)to B(動詞)= AがBすることを可能にする」となり、ここでは「A=prosecutors(検察官たち=検察)」「B=promise(約束する)」です。

「allow」を「enable」に置き換えてもOKです。

◆ in exchange for information on corporate crimes  企業犯罪に関する情報の見返りに

「in exchange for A = Aと交換で」となり、Aには名詞や動名詞が入ります。ここでは司法取引の交換条件「A=information on corporate crimes」です。

◆ they cannot plead guilty to their own charges for a shorter sentence  彼らは、刑の短縮を求めて自らの容疑に対して罪を認めることができない

「plead guilty to A = Aに対する罪を認める」となり、Aには名詞や動名詞が入ります。

ここでは「A=their own charges(自らの容疑)」です。

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

Japan introduces plea bargains / for corporate crimes

Japan introduced / its first plea bargaining system / on Friday / that allows prosecutors / to promise leniency / to suspects or defendants / in exchange for information / on corporate crimes. / Unlike in the U.S., / they cannot plead guilty / to their own charges / for a shorter sentence.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 日本が司法取引を導入、/ 企業犯罪に対して

日本が導入した、/ 初の司法取引制度を、/ 金曜日に、/ 検察に許可する、/ 情状酌量を約束することを、/ 容疑者や被告に対して、/ 情報の見返りに、/ 企業犯罪に関する。/ 米国内とは異なり、/ 彼らは罪を認めることができない、/ 自らの容疑に対して、/ 刑の短縮を求めて。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

日本が司法取引を導入、
Japan introduces plea bargains

企業犯罪に対して
for corporate crimes

—————————————————–

日本が導入した、
Japan introduced

初の司法取引制度を、
its first plea bargaining system

金曜日に、
on Friday

検察に許可する、
that allows prosecutors

情状酌量を約束することを、
to promise leniency

容疑者や被告に対して、
to suspects or defendants

情報の見返りに、
in exchange for information

企業犯罪に関する。
on corporate crimes.

米国内とは異なり、
Unlike in the U.S.,

彼らは罪を認めることができない、
they cannot plead guilty

自らの容疑に対して、
to their own charges

刑の短縮を求めて。
for a shorter sentence.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

Japan introduces plea bargains for corporate crimes

Japan introduced its first plea bargaining system on Friday that allows prosecutors to promise leniency to suspects or defendants in exchange for information on corporate crimes. Unlike in the U.S., they cannot plead guilty to their own charges for a shorter sentence.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう

~ハフポスト より~

司法取引がスタート 経済犯罪を想定、対応急ぐ企業

他人の犯罪を明かす見返りに、容疑者や被告の刑事処分を軽くする日本版「司法取引」が6月1日から導入される。

贈収賄や脱税、談合、粉飾決算などの経済犯罪が対象となるため、企業側の関心は高い。

組織犯罪などの解明に新たな武器となる一方で、虚偽の供述による冤罪(えんざい)のリスクもあり、当面は慎重な運用となりそうだ。

編集後記

アメリカの犯罪捜査ドラマでおなじみの司法取引、まさか日本で導入されるとは思いませんでした。

ただし、自分の罪の軽減や取り下げには使えないのがアメリカ版と大きく異なる点です。

うまくいくと捜査に手間や裁判の費用が軽減されますが、虚偽の供述や冤罪を防ぐ対策が必要ですね。