こんばんは!やさしい英語ニュースのAkiです。
では、本日の英語ニュースです。7ステップの学習メニューを順にこなしていきましょう。

Step 1 >> 英語ニュース全体をリーディング

最初に英語ニュース全体を通して読み、だいたいの意味をつかみます。この段階では単語や構造、文法の疑問点があってもかまいません。

World Cup: Japan advances to knockout stage with tactical approach

Soccer fans were split over Japan’s strategy in the game against Poland on Thursday. Its head coach instructed players to pass the ball around towards the end and settle for a 1-0 defeat, knowing it was enough to advance to the knockout stage.

Step 2 >> 重要単語と語句

advance(動)進出する

knockout stage(名)決勝トーナメント

tactical(形)巧妙な、戦術的な

strategy(名)戦略

settle for(動)~に甘んじる

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

◆ Japan advances to knockout stage with tactical approach  日本が巧妙な手法で決勝トーナメントに進出

「advance to A = Aに進出する」となり、Aに名詞が入ります。ここでは「A= knockout stage」です。

英文タイトルでは冠詞やbe動詞を省略し、最近の出来事を現在形で記す傾向があります。通常の英文に直すと以下のようになります。( )が追加した箇所です。

Japan advanced to (the) knockout stage with (a) tactical approach.

◆ Soccer fans were split over Japan’s strategy   サッカーファンらは日本の戦術をめぐって意見が割れていた

「be split over A = Aをめぐって見解が分かれる」です。この文では「A=Japan’s strategy」で、英文タイトルの「tactical approach」を言い換えています。

◆ Its head coach instructed players to pass the ball around towards the end  監督が、終了間際にボールをまわすよう選手たちに指示した

「Its = Japan’s」です。既出の単語なので代名詞の所有格をとっています。英語ではサッカーやアメフトの「監督」を「head coach」と呼ぶことに注意しましょう。

◆ knowing it was enough to advance to the knockout stage  決勝トーナメントへ進出するために、それが十分だとわかっていたため

分詞構文の現在分詞「knowing」の主語は前述の「Its head coach」です。

「it」は 前述の「to pass the ball around towards the end and settle for a 1-0 defeat」を指しています。

Step 4 >> スラッシュ・リーディング ~ 区切り読みしてみよう

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。ひとつの区切りから次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続く内容を予想しながら読むのがコツです。

World Cup: / Japan advances to knockout stage with tactical approach

Soccer fans were split over Japan’s strategy / in the game against Poland on Thursday. / Its head coach instructed players to pass the ball around towards the end / and settle for a 1-0 defeat, / knowing it was enough to advance to the knockout stage.

Step 5 >> サイト・トランスレーション ~ 頭から順に和訳してみよう

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> ワールドカップ: / 日本が巧妙な手法で決勝トーナメントに進出

サッカーファンらは、日本の戦術をめぐって意見が割れていた、/ 木曜日のポーランド戦での 。/ 監督が選手たちに、終了間際にボールをまわすよう指示した、 / そして、1対0の敗戦を受け入れるよう、/ それが、決勝トーナメントへ進出するために十分だとわかっていたため 。

Step 6 >> 反訳トレーニング ~ 和文から元の英文を再生しよう

今度は逆に、スラッシュで区切った上の日本語テキストを見て、元の英文テキストを思い出しながら順に英語を再生していきましょう。

<解答をチェック!>

ワールドカップ:
World Cup:

日本が巧妙な手法で決勝トーナメントに進出、
Japan advances to knockout stage with tactical approach

—————————————————–

サッカーファンらは、日本の戦術をめぐって意見が割れていた、
Soccer fans were split over Japan’s strategy

木曜日のポーランド戦での 。
in the game against Poland on Thursday.

監督が選手たちに、終了間際にボールをまわすよう指示した、
Its head coach instructed players to pass the ball around towards the end

そして、1対0の敗戦を受け入れるよう、
and settle for a 1-0 defeat,

それが、決勝トーナメントへ進出するために十分だとわかっていたため 。
knowing it was enough to advance to the knockout stage.

Step 7 >> スピード音読 ~ 仕上げ読みしてみよう

最後に、英文テキストをできるだけ速く音読してください。読みながら意味が頭にすっと入ってきたらOKです。

World Cup: Japan advances to knockout stage with tactical approach

Soccer fans were split over Japan’s strategy in the game against Poland on Thursday. Its head coach instructed players to pass the ball around towards the end and settle for a 1-0 defeat, knowing it was enough to advance to the knockout stage.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう

~毎日新聞 より~

グループH 日本vsポーランド

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表は28日、当地で行われた1次リーグH組最終戦でポーランドに0─1で敗れた。

同組のもう1試合でコロンビアがセネガルを1─0で降した結果、日本はセネガルと得失点、総得点で並び、直接対決も引き分けだったが、警告数の差で上回って2位となり、2010年南アフリカ大会以来、2大会ぶり3度目の1次リーグ突破が決まった。

02年日韓大会、10年南アフリカ大会で、日本は1回戦で敗れており、今大会で初の8強入りを目指す。

編集後記

週明けにかけてさまざなニュースが飛び込んできてネタに迷いましたが、この段階でサッカーのW杯を取り上げることにしました。

西野監督の言葉を借りれば、こういう内容になったのはちょっと「不本意」な形ですが、めったにない出来事なので、それはそれで記憶に残って面白いかな。と。

それにしても、決勝トーナメントの最初の4試合はいずれも実力伯仲の大熱戦でしたね。

優勝候補が敗れる大波乱あり、双方のGKがセーブしまくるPK戦あり、で面白すぎていつ寝たらいいやら。

そこへ輪をかけるように、今日からテニスのウィンブルドンが開幕です。こちらは期間が2週間なので、毎回、W杯の後半と時期がぴったり重なってしまいます。

(ワールドカップの年だけ、ウィンブルドンの開幕を2週間遅らせてくれんものかな~)と4年ごとに嘆いています(^^;

サッカーの日本代表は、いよいよ運命のベルギー戦ですね。今夜も確実に睡眠不足になりそうです・・・。