参考記事: ニュースの背景知識を深めよう ~時事ドットコム より~

ロシア五輪委員会会長がIOCに謝罪「五輪に損害」

ロシア・オリンピック委員会(ROC)のジューコフ会長は8日、2014年ソチ冬季五輪のドーピング検査所の所長らが行った不正をすぐに明らかにできず「ロシア選手や五輪全体に多大な損害を与えた」として、国際オリンピック委員会(IOC)に謝罪したことを明らかにした。下院会合での発言をインタファクス通信が伝えた。

ジューコフ氏はソチ五輪当時に検査所所長を務め、不正を告発したロシア人のロトチェンコフ氏について、検体すり替えの方法をつくり上げ、選手にドーピングを促すなど不正を主導した責任があるとの見解を示した。

編集後記

先週末の予告?通り、今週の1本目は「ロシアの五輪出場禁止」を取り上げました。冬季五輪にロシアの選手がいないというのは、あまりに影響が大きいですね。

前回のソチ五輪では開催国として多数のメダルを獲得したロシアでしたが、ドーピング疑惑が報じられて非常に後味の悪い結末となりました。

プーチン大統領は選手が個人資格で出場することを容認する発言をしたようです。が、そもそもこの人が前回の五輪を政治利用したのではないか、と疑いの目を向けてしまいます。

スポーツの世界で薬物使用や八百長があったら、それはもう神聖な戦いの場ではなくなりますからね。ロシアでは既に一部の競技で個人参加に向けた動きが出ているようなので、今後の動きに注目したいです。