プラス思考を身につけよう

 

私たち日本人の多くは、国内で暮らしている限り、特に英語ができなくても日常生活に支障はないですよね。

もちろん、仕事や生活面で英語が絶対に必要な人は例外です。

そのわりに、日本人は「英語が完璧に使いこなせない自分」に対して厳しすぎるのではないかな、と思うことがよくあります。

特に初心者の人は、(私、ダメなんです・・・)という自信のなさのカタマリで、ちょっとした英語フレーズを少し言い間違えただけで、まるでこの世の終わりのように絶望し、口をつぐんでしまうことがあります。

こういうカチコチに萎縮した状態で学習を続けても楽しめるはずがなく、精神衛生上よくありませんね。

また、上級者でもありがちなのが、「英語環境で育ってバイリンガルになった人と自分を比較し、過大な劣等感を抱く」というパターンです。

これは昔の私も経験したことですが、ほぼ無意味だと思います。

バイリンガルに育った人でもその過程で苦労があったかもしれないし、何より、生まれ育った環境は自分で選べるものではないからです。

逆に、私たちは「日本で生活している」ことを強みにして、日本の社会や文化について、英語で説明する能力を培うことも可能なのです。

さらに、街角でいきなり早口の英語で話しかけてくる外国人に対して、どぎまぎして英語で対応する義務はありません。

英語でうまく話せるならそれで問題ないですが、とっさに言葉が出なかったからといって、自分を卑下する必要は全くないのです。

本来、話しかけてきた相手が日本にいるのだから、その人が日本語で話すべきなのです。

それができない相手に対して、こちらが英語で対応してあげているわけで、その親切に対して感謝してもらってもいいぐらいです。

たとえ、あなたが日本語で「英語わかりません。日本語で話してください」ときっぱり言っても失礼ではありません。

日本で暮らしている以上、これぐらい堂々として相手に接したらいいんじゃないでしょうか。

英語に対して、必要以上にコンプレックスを持っている人は、「できない自分を責めるマイナス思考」をまず追い払いましょう。

「別に英語ができなくても支障はないけど、理解できたほうが自分の世界が広がるから、楽しみでやっている」

というぐらいの余裕を持ったほうが、かえって上達が早まります。

これは、私自身が常に覚えておきたいと思う意識でもあります。

以上、今後の学習の参考になりましたら幸いです。

さて、今年も残りわずかとなりましたね。

新年に向けて、明るい気持ちで英語学習を続けていきましょう。