メルマガ『日刊2分で読めるやさしい英語ニュース』バックナンバー書庫 。TOEIC、英検、英会話、英字新聞対策に。初心者~中級者向け。

日本の首相が米国大統領と真珠湾を訪問【2016/12/29】

  • HOME »
  • 日本の首相が米国大統領と真珠湾を訪問【2016/12/29】

音声ファイルを使用し、以下の手順で学習を進めてください。ただし、【応用訓練】のメニューはやや難易度が高いため、中級レベル以上の方が対象となります。

Step 1 >> ナチュラルスピードでリスニング

最初にテキストを見ないで英語ニュースを聴き、だいたいの流れをつかみます。2~3回聴いたらテキストを参照し、内容を確認してください。

Japanese Prime Minister visits Pearl Harbor with US President

Prime Minister Shinzo Abe visited Pearl Harbor with President Barack Obama on Tuesday, paying respects to the victims of Japan’s attack and pledging that his country would never wage war again.

Step 2 >> 重要単語と語句をチェック

本文中の重要単語と語句の綴り、意味を確認します。ネイティブ音声の後にポーズがありますので、後に続いて発音練習してください。

pledge(動)誓う

wage(動)(戦争を)遂行する

Step 3 >> 頻出表現と文法のミニ解説

よく使われる表現や語句、文法理解のポイントについて解説します。この部分は日本語を交えた解説なので音声は付いておりません。

◆ Prime Minister Shinzo Abe visited Pearl Harbor with President Barack Obama
= 安倍晋三首相はオバマ大統領と共に真珠湾を訪れた

「肩書+人名」の表現はこのセットで固有名詞となるため、冠詞は不要です。ここでは「Prime Minister Shinzo Abe」「President Barack Obama」がこれに該当します。

他動詞「visited」を「made a visit to」に置き換えてもOKです。形容詞「historic(歴史的な)」を挿入して「made a historic visit to(~への歴史的な訪問を果たした)」とすれば、さらに詳細な情報を伝えられますね。

◆ paying respects to the victims of Japan’s attack
= 日本の攻撃の犠牲者に対する弔意を払って

分詞構文の現在分詞「paying」の主語は冒頭の「Prime Minister Shinzo Abe」です。「visited Pearl Harbor(真珠湾を訪問した)」という動作と同時に行なわれている行為、というニュアンスです。

「victim(犠牲者)」は「事件や災害の被害者」という意味では生存者を指すことがありますが、ここでは主に「the war dead(戦死者たち)」を意味していると考えられます。

「paying respects to」=「~に対して敬意を払う」を表します。文中では、戦死者に対する「弔意」と訳しています。

◆ pledging that his country would never wage war again
= 時刻が二度と戦争をしないと誓って

現在分詞「pledging」も同様に、主語は冒頭の「Prime Minister Shinzo Abe」です。

「his country(彼の国)」とはもちろん「Japan」を示しています。直前にこの単語を使っているため、繰り返しを避けるための言い換え表現です。

Step 4 >> スラッシュ・リスニング

英文を頭から理解できるよう、意味のかたまりごとにスラッシュ「/」で区切って読んでいきます。次へ進むときに(誰が → 何をした → なぜ)というように、続きを予想しながら読むのがコツです。意味が理解できたら音声ファイルを使用します。スラッシュの区切りごとにポーズがありますので、後に続いてリピートしてください。

Japanese Prime Minister / visits Pearl Harbor / with US President

Prime Minister Shinzo Abe / visited Pearl Harbor / with President Barack Obama / on Tuesday, / paying respects / to the victims / of Japan’s attack / and pledging / that his country / would never wage war again.

【応用訓練:リプロダクション】 慣れたらテキストを見ないで英語音声を聴き、ポーズの間にリピートしてみましょう。英文テキストを見ない状態で、聞こえてきた英語音声を記憶してそのまま再現する訓練法を「リプロダクション」といいます。

【応用訓練:ディクテーション】テキストを見ずに音声を聴いてポーズで一時停止し、英文を書き取りしてください。仕上がったら答え合わせをし、間違った個所があれば訂正して聴き直してみましょう。

Step5 >> サイト・トランスレーション

スラッシュで区切った上の英文テキストを見て、区切りごとに日本語に訳していきます。後ろから返り読みせず、頭から読み進めるようにしてください。まず自分でサイトラをしてから、下の和訳例を見て比べてみましょう。

<和訳例> 日本の首相が / 真珠湾を訪問、/ 米国大統領と

安倍晋三首相が / 真珠湾を訪れた、/ バラク・オバマ大統領と、/ 火曜日、/ 弔意を払いながら、/ 犠牲者たちに対して、/ 日本の攻撃の、/ また、誓いながら、/ 自国が / 二度と戦争をしないと。

【応用訓練:スラッシュ通訳】 ひと通りの意味がわかったら、今度はテキストを見ないで「リピート用音声ファイル」を使用します。英文ナレーション後のポーズの間にすらすらと和訳できたらOKです。

Step 6 >> スラッシュ瞬間英作文

音声を使う前に、まずは【Step5】の和訳例を見て、区切り単位で英文に変換する通訳練習をしてみましょう。 スラッシュごとに口頭で英訳する作業なので、これを「スラッシュ瞬間英作文」と呼んでいます。

【英訳の解答例】

日本の首相が
Japanese Prime Minister

真珠湾を訪問、
visits Pearl Harbor

米国大統領と
with US President

—————————————————–

安倍晋三首相が
Prime Minister Shinzo Abe

真珠湾を訪れた、
visited Pearl Harbor

バラク・オバマ大統領と、
with President Barack Obama

火曜日、
on Tuesday,

弔意を払いながら、
paying respects

犠牲者たちに対して、
to the victims

日本の攻撃の、
of Japan’s attack

また、誓いながら、
and pledging

自国が
that his country

二度と戦争をしないと。
would never wage war again.

【応用訓練:スラッシュ瞬間英作文(音声編)】 今度はテキストを見ないで音声を使用します。日本語の後のポーズで英訳し、その後の英語音声で内容を確認 します。さらに、英語の後のポーズでリピート練習をします。「日本語音声 →(ポーズの間に)英訳 → 英語音声 →(ポーズの間に)英語をリピート」という流れの繰り返しになります。

Step7 >> 仕上げのシャドーイングと高速リスニング

【シャドーイング用(0.9倍速)】の音声を使用して、少しずつ遅れながらリピートするシャドーイング訓練をしてみましょう。最初はテキストを見ながら、慣れたら文字を見ないで練習してください。【高速リスニング(1.2倍速)】は仕上げのリスニング用にどうぞ。テキストを見ないで正確に聴き取れたら合格です。

Japanese Prime Minister visits Pearl Harbor with US President

Prime Minister Shinzo Abe visited Pearl Harbor with President Barack Obama on Tuesday, paying respects to the victims of Japan’s attack and pledging that his country would never wage war again.

参考記事: ニュースの背景知識を深めよう ~ブルームバーグ より~

安倍首相:真珠湾を「和解の象徴に」-不戦の方針貫くと決意

米ハワイを訪問している安倍晋三首相は27日(日本時間28日朝)、太平洋戦争の開戦地である真珠湾をオバマ米大統領とともに訪れ演説し、「戦後、不戦の誓いを堅持してきた」として、「この不動の方針をこれからも貫く」と述べた。

安倍首相は「戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない」「ひたすら不戦の誓いを堅持してきた」と語った。

また真珠湾を含めた太平洋戦争の犠牲者に永遠の哀悼の誠をささげ、日本が戦後再び国際社会へ復帰する道を開いてくれた米国の寛容に感謝するとも話した。

PAGETOP